東京フィル2020シーズンプログラム発表〜東京フィルフレンズ優先発売は9/21(土)より

 東京フィルハーモニー交響楽団が、2020シーズン定期演奏会のラインナップを発表した。同楽団は2020年より、1月から12月までを1シーズンとする暦年ベースのシステムに移行し、新シーズンも同楽団が特別な関係を築いてきた3人のマエストロ、チョン・ミョンフン、アンドレア・バッティストーニ 、ミハイル・プレトニョフを中心に、全8回の定期公演を予定している。

左より:チョン・ミョンフン、アンドレア・バッティストーニ、ミハイル・プレトニョフ
3点ともにC)上野隆文

 新シーズンの開幕は、首席指揮者バッティストーニによるラフマニノフ「ピアノ協奏曲第3番」(ソリスト:阪田知樹)とベルリオーズ「幻想交響曲」。バッティストーニは9月にも登場し、彼が得意とするイタリア・オペラよりザンドナーイの歌劇《フランチェスカ・ダ・リミニ》を演奏会形式で上演する。

 特別客演指揮者ミハイル・プレトニョフは、3月と6月にタクトを執る。スメタナ「わが祖国」全曲演奏、バレエ音楽のシチェドリン「カルメン組曲」にチャイコフスキーの「組曲第3番」を披露する。

 名誉音楽監督チョン・ミョンフンは2月、7月、10月で指揮台に立つ。ビゼーのオペラ《カルメン》演奏会形式、生誕250年のベートーヴェンにフォーカスした交響曲第3番 「英雄」とヴァイオリン協奏曲(ソリスト:服部百音)、そして10月には、マエストロ得意のマーラー「交響曲第3番」で2020シーズンを締めくくる。

佐渡 裕
撮影:飯島 隆

 この他、客演には4月、同楽団ともゆかりの深い佐渡裕が指揮台に立つ。没後30年を迎える恩師バーンスタインの交響曲第3番「カディッシュ」(共演:天羽明惠)などを披露する。

 なお、東京フィルフレンズ(入会金・年会費無料、随時受付)会員向け優先発売は9月21日(土)より、期間中であれば誰でも定価の1割引で購入可能なWEB優先発売も同日より受付開始する(9/21(土)10:00〜10/31(木)23:59まで、SS席・学生席を除く)。

東京フィルハーモニー交響楽団
https://www.tpo.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]