東京フィル2020シーズンプログラム発表〜東京フィルフレンズ優先発売は9/21(土)より

 東京フィルハーモニー交響楽団が、2020シーズン定期演奏会のラインナップを発表した。同楽団は2020年より、1月から12月までを1シーズンとする暦年ベースのシステムに移行し、新シーズンも同楽団が特別な関係を築いてきた3人のマエストロ、チョン・ミョンフン、アンドレア・バッティストーニ 、ミハイル・プレトニョフを中心に、全8回の定期公演を予定している。

左より:チョン・ミョンフン、アンドレア・バッティストーニ、ミハイル・プレトニョフ
3点ともにC)上野隆文

 新シーズンの開幕は、首席指揮者バッティストーニによるラフマニノフ「ピアノ協奏曲第3番」(ソリスト:阪田知樹)とベルリオーズ「幻想交響曲」。バッティストーニは9月にも登場し、彼が得意とするイタリア・オペラよりザンドナーイの歌劇《フランチェスカ・ダ・リミニ》を演奏会形式で上演する。

 特別客演指揮者ミハイル・プレトニョフは、3月と6月にタクトを執る。スメタナ「わが祖国」全曲演奏、バレエ音楽のシチェドリン「カルメン組曲」にチャイコフスキーの「組曲第3番」を披露する。

 名誉音楽監督チョン・ミョンフンは2月、7月、10月で指揮台に立つ。ビゼーのオペラ《カルメン》演奏会形式、生誕250年のベートーヴェンにフォーカスした交響曲第3番 「英雄」とヴァイオリン協奏曲(ソリスト:服部百音)、そして10月には、マエストロ得意のマーラー「交響曲第3番」で2020シーズンを締めくくる。

佐渡 裕
撮影:飯島 隆

 この他、客演には4月、同楽団ともゆかりの深い佐渡裕が指揮台に立つ。没後30年を迎える恩師バーンスタインの交響曲第3番「カディッシュ」(共演:天羽明惠)などを披露する。

 なお、東京フィルフレンズ(入会金・年会費無料、随時受付)会員向け優先発売は9月21日(土)より、期間中であれば誰でも定価の1割引で購入可能なWEB優先発売も同日より受付開始する(9/21(土)10:00〜10/31(木)23:59まで、SS席・学生席を除く)。

東京フィルハーモニー交響楽団
https://www.tpo.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 11/13 新居由佳梨(ピアノ) 公演にむけたメッセージ
      on 2019/10/18 at 15:40

      ピアニストの新居由佳梨が、11月13日に東京オペラシティ リサイタルホールでソロとデュオ(共演はチェロの西谷牧人)のリサイタルを開催する。フランクとバッハを核とした内容となっており、今回の公演にあたり、メッセージをいただきました。 【動画メッセージ】新居由佳梨 ピアノリサイタル ぶらあぼ本誌11月号&WEBぶらあぼでもインタビュー記事を公開中。 新居由佳梨(ピアノ) profile 新居由 [&#8230 […]