田中彩子(ソプラノ)

天から授かった類い稀な美声が人を幸せにする

C)Tadayuki Minamoto

 ウィーンに居を構え、ヨーロッパを中心に南米など世界中で活躍するコロラトゥーラ・ソプラノの田中彩子。類い稀な高音と比類なきコロラトゥーラのテクニックで、名歌手エッダ・モーザーに「人生の中でそう聴けることのない素晴らしい声」と絶賛された経験を持つ。一度でも彼女の歌声を聴いた人ならば、その日本人離れした、いや、人間離れしたとさえ言えるような「天から響いてくる音色」に魅了されることだろう。そんな田中が、このたび、ニューアルバム『Vocalise』をリリース。コロラトゥーラを活かした歌曲から、ピアノやヴァイオリンの超絶技巧の曲をアレンジしてヴォカリーズで歌ったものまで、彼女の歌唱の特徴を存分に堪能できる1枚に仕上がった。

「リストやパガニーニは自分の技巧を最大限に発揮するために曲をつくりました。私も、自分の楽器であるコロラトゥーラの可能性をもっと追求したい。その思いから、このアルバムではあえて声楽曲にこだわらず、器楽曲をアレンジしたものまで、様々な作品を歌っています。結果として、コロラトゥーラの“新しい一歩”を踏み出せたのではないかと思います」

 器楽曲のプログラムは、パガニーニの「カプリース第24番」や「ラ・カンパネラ」といった超絶技巧で知られる作品、またバッハの「ゴルトベルク変奏曲」から、ドビュッシーの「月の光」「星の夜」などたいへん幅広いが、特に苦労した曲はあるのだろうか。

「実は、器楽曲をアレンジしたものは、どれも恐ろしく難しかったのですが、中でもピアノで弾くときはそれほど難しくないのに、声で表現するのはこれほど大変なのかと再認識させられたのが、ゴーティエの『秘密』です。でもそれだけに歌いがいがあって、コロラトゥーラの新たな可能性も感じました」

 もともとコロラトゥーラは器楽的な音色が特徴だが、田中のアプローチも楽器的な繊細さ、緻密さを感じさせる。

「オーケストラというキャンバスの中でそれぞれの楽器の音色が絵の具の一つひとつの色であるように、声も音楽というキャンバスの中で他の音色と混ざり合ったり、曲によってはそこから声がふわっと立ち上ってきたり、ということを心がけました。そのために、自分の声の特質を色々な角度から検討し直し、使い方を工夫しています」

 オペラのプリマドンナ的なあり方とは一線を画す、「コロラトゥーラ歌手」としての新たな可能性がいっぱい詰まったこのアルバムを提げて、10月には宮崎・愛知・大阪・北海道・東京各地でのツアーも予定されている。ぜひ田中彩子の「新たなコロラトゥーラ」を体験してみてほしい。
取材・文:室田尚子
(ぶらあぼ2019年10月号より)

田中彩子 ソプラノ・リサイタル 2019 〜Vocalise〜
2019.10/14(月・祝)14:00 メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場) 演劇ホール
10/19(土)15:00 愛知/三井住友海上しらかわホール
10/22(火・祝)13:00 大阪/いずみホール
10/24(木)19:00 札幌コンサートホールKitara(小)
10/28(月)19:00 紀尾井ホール(完売)
http://j-two.co.jp/ayakotanaka/ 
※各公演の詳細は上記ウェブサイトでご確認ください。

CD『Vocalise』
エイベックス・クラシックス
AVCL-25996 ¥3000+税
9/25(水)発売

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]