【CD】青空の向こうに―心に沁み入るギタリスト/木村眞一朗

 話題の映画公開も控えて活気づく日本のクラシック・ギター・シーンにまた一人、俊英が登場。1994年生まれ、木村眞一朗のデビュー盤は南米の人気作品から、スペインの巨匠によるオペラ幻想曲、映画音楽、武満徹編曲のビートルズ・ナンバーと王道を網羅しつつ、“パリのポーランド人”タンスマンの抒情的な「カヴァティーナ組曲」などが秀逸。加えて、作・編曲家として活躍しながら2016年に50歳で病没し、広く惜しまれた佐藤弘和の作品も聴きもの。心に沁み入る「静かな子守歌」と伸びやかな「エヴァーグリーン」も素晴らしいが、やはりアルバム表題曲に心を奪われる。
文:東端哲也
(ぶらあぼ2019年10月号より)

【information】
CD『青空の向こうに―心に沁み入るギタリスト/木村眞一朗』

バリオス:ワルツ第4番/マイヤーズ:カヴァティーナ(ディア・ハンターのテーマ)
タレガ:椿姫の主題による幻想曲
リョベート:「カタロニア民謡」より〈盗賊の歌〉〈アメリアの遺言〉
タンスマン:カヴァティーナ組曲
レノン=マッカートニー(武満徹編):イエスタデイ
佐藤弘和:静かな子守歌、エヴァーグリーン、青空の向こうに 他

木村眞一朗(ギター)

ソナーレ・アートオフィス
SONARE1044 ¥2400+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]