東京交響楽団 第5回八王子定期演奏会 〜オーケストラ plays JAZZ〜

オーケストラとトリオでジャズの熱いコンサートを

 3年に一度おこなわれていた「ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール」の開催がない年のイベントとして2007年にスタートして以来、今年で11回目を数える八王子音楽祭(9/21〜9/29)。昨年からは「ジャンル特化」という新たな切り口で、市民はもとより全国からも注目されているこの音楽祭だが、今年のテーマはなんとジャズ! 「 Shall We JAZZ?」と題して、我が国を代表する一流ジャズマンが市内の各ホールで様々なスタイルのジャズを披露するほか、街中のカフェやストリートでのライヴ、日本茶店の蔵でのレコード・イベントやジャズ・シネマの上映、ジャム・セッションなど多岐にわたる関連イベントが、9日間にわたって開催される。

 そんな中、今回の目玉の1つとなるであろうステージが、東京交響楽団の八王子定期公演シリーズの一環でもある「オーケストラ plays JAZZ」だ。今注目の若きマエストロ、原田慶太楼を指揮者に迎え、演奏されるのはカルヴィン・カスター編曲「デューク・エリントン!」やレナード・バーンスタイン「シンフォニック・ダンス」。オーケストラならではのダイナミックで躍動感にあふれたジャズが、ファンを魅了することはまちがいない。

 そこにさらなる華を添えるのが、もう1人の主役、ジャズ・ピアニストの山中千尋だ。世界を舞台に活躍する彼女が東響と共演するのは、おなじみガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」。エモーショナルな歌心にあふれた山中のピアノが、果たしてどんなガーシュウィン・ワールドを描き出すのか。また山中のトリオによるスペシャル・ステージも用意されているというので、こちらも期待大だ。
文:藤本史昭
(ぶらあぼ2019年9月号より)


八王子音楽祭2019 〜Shall We JAZZ?〜
東京交響楽団 第5回八王子定期演奏会 〜オーケストラ plays JAZZ〜
2019.9/28(土)14:00 オリンパスホール八王子
問:八王子市学園都市文化ふれあい財団042-621-3005
http://www.hachiojimusicfestival.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]