延原武春(指揮)

バッハをもっと聴きたい人のために「ブランデンブルク」全曲を1日で!

©栗山主税

 関西を拠点に演奏活動を展開し、昨年で創立55周年を迎えた演奏団体「日本テレマン協会」が、テレマン室内オーケストラ「ブランデンブルク協奏曲」全曲、そして、同団体のメンバーで、チェンバロ奏者としても活躍する高田泰治による「ゴルトベルク変奏曲」と、バッハの2大傑作を毎年披露するシリーズを、今秋より東京と大阪でスタートさせる。同団体の音楽監督・CEOで指揮者の延原武春は「年末の第九演奏会のように、広く皆さんに親しまれる存在にしたい」と夢を語る。

「バッハと言えば、宗教声楽作品のイメージが強く、私自身も長く取り組んできましたが、器楽作品の素晴らしさを、もっと伝えていきたくて…」と延原。

「ブランデンブルク協奏曲は、バッハ自身が編んだ、その時点での自作品のエッセンス。第5番ばかりが突出してよく演奏されますが、“1ステージで全6曲”という機会は、実はそう多くはない。しかし、全曲を聴いてこそ、楽器編成の違いの妙も、体感できるはずです」

 同団体は、20年以上前からピリオド楽器での演奏も続けているが、今回はあえて、モダン楽器でのアプローチに。
「ピリオドの奏法に通じたプレイヤーが、機動性や安定性に勝るモダン楽器を道具とすることで、新たな創造性に満ちた“現代のバロック音楽”が、生まれる予感がします」

 シリーズに先行し、昨年11月に東京で開いた「ブランデンブルク」全曲演奏も大きな反響を呼び、急きょCD化(ナミ・レコード)され、「鮮烈な快演」と話題になっている。

 また、これと対を成す形で「ゴルトベルク」を弾く高田は、ドイツと関西を拠点に、チェンバロとフォルテピアノを弾き分ける名手。「ゴルトベルク」は2010年に初披露して以来、東京や大阪、神戸などで計14回にわたって手掛け、「同じ演奏の繰り返しはしない」との彼の強い意志を反映し、その都度、テンポも解釈も全く異にする音楽を生み出してきた。「バッハを修めてきた彼が、毎年、同じ音楽を違った色彩で聴かせる…ぜひ、“変化”を楽しんでほしい。お客様にも、きっと、刺激的な体験になるはずです」と延原も期待を込める。

 1981年に東京での定期演奏会をスタート、現在は年5回を開催している日本テレマン協会。関東での固定ファンも着実に増やしてきたが、昨年の「ブランデンブルク」全曲では、新規の聴衆が3分の1を占めるという“嬉しい誤算”も。延原は「もっとバッハを聴きたい、という皆さんの思いを肌で感じました。私たちが55年かけて培ってきたノウハウに、新しいアイディアをどんどん盛り込み、決してルーティンではない、スリリングな音楽を創造し続けていければ…」と熱っぽく語っている。
取材・文:寺西 肇
(ぶらあぼ2019年9月号より)

テレマン室内オーケストラ/ブランデンブルク協奏曲全曲公演
2019.10/11(金)18:30 大阪市中央公会堂中集会室
11/10(日)14:30 東京文化会館 (小)

高田泰治(チェンバロ)/ゴルトベルク変奏曲
2019.12/2(月)18:30 東京文化会館(小)
12/5(木)18:30 大阪倶楽部4Fホール

問:日本テレマン協会06-6345-1046
yoyaku@cafe-telemann.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • シャビエル・アンドゥアガ(テノール) | いま聴いておきたい歌手たち 第9回 
      on 2019/12/05 at 03:21

      text:香原斗志(オペラ評論家) 24歳ですでに重ねている国際的キャリア 今回は「先物買い」の楽しさを提供したい(今後もときどき提供する)。1995年6月5日生まれ。現在24歳。日本人の歌手や歌手の卵なら大学か大学院で勉強中であり、これから留学を検討するかどうかという年齢である。しかし、シャビエル・アンドゥアガは、すでに国際的なキャリアを歩みはじめている。 2020年前半の予定だけでも、パリのオ [&#8230 […]