【CD】クラリネットとピアノのためのイギリス音楽集/ディミトリ・ラスル=カレイエヴ&サヤ・ハシノ

 典雅なたたずまいのスタンフォード、苦味を効かせたモダンなセンスがクールなアーノルド、ストレートに語り掛けてくる小品に明るく素直な人柄が浮かぶフィンジ、豊かな抒情と色彩感が力強い行進にまで発展するアイアランド、愉快でコージーなジャズ・テイストで締めるホロヴィッツ…。イギリスにはまだ見ぬお宝がこんなに眠っていたのか。初めて聴く曲ばかりだけれど、どれもいいじゃないか! 色彩感の演出に優れたスイス・ロマンド管で首席奏者を務めるディミトリ・ラスル=カレイエヴが、ジュネーヴを拠点に活躍するピアニスト、サヤ・ハシノと息の合ったところをみせている。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2019年9月号より)

【information】
CD『クラリネットとピアノのためのイギリス音楽集/ディミトリ・ラスル=カレイエヴ&サヤ・ハシノ』

スタンフォード:クラリネットとピアノのためのソナタ/アーノルド:クラリネットとピアノのためのソナチネ/フィンジ:5つのバガテル/アイアランド:幻想的ソナタ/ホロヴィッツ:クラリネットとピアノのためのソナチネ

ディミトリ・ラスル=カレイエヴ(クラリネット)
サヤ・ハシノ(ピアノ)

オクタヴィア・レコード
OVCC-00153 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 美少年と貴婦人、その甘く苦い関係 | 萌えオペラ 第4回 リヒャルト・シュトラウス《ばらの騎士》
      on 2019/09/20 at 23:30

      text:室田尚子 illustration:桃雪琴梨 前回ご紹介したズボン役の代表であるモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノ。彼が誕生してから100年以上を経て、オペラ史に名を残すもうひとりのズボン役が登場します。その名はロフラーノ伯爵オクタヴィアン。18世紀マリア・テレジア治世下のウィーンを舞台にしたリヒャルト・シュトラウスの《ばらの騎士》のタイトルロールです。年齢は17歳。若くして爵位 [&#8230 […]