【CD】クラリネットとピアノのためのイギリス音楽集/ディミトリ・ラスル=カレイエヴ&サヤ・ハシノ

 典雅なたたずまいのスタンフォード、苦味を効かせたモダンなセンスがクールなアーノルド、ストレートに語り掛けてくる小品に明るく素直な人柄が浮かぶフィンジ、豊かな抒情と色彩感が力強い行進にまで発展するアイアランド、愉快でコージーなジャズ・テイストで締めるホロヴィッツ…。イギリスにはまだ見ぬお宝がこんなに眠っていたのか。初めて聴く曲ばかりだけれど、どれもいいじゃないか! 色彩感の演出に優れたスイス・ロマンド管で首席奏者を務めるディミトリ・ラスル=カレイエヴが、ジュネーヴを拠点に活躍するピアニスト、サヤ・ハシノと息の合ったところをみせている。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2019年9月号より)

【information】
CD『クラリネットとピアノのためのイギリス音楽集/ディミトリ・ラスル=カレイエヴ&サヤ・ハシノ』

スタンフォード:クラリネットとピアノのためのソナタ/アーノルド:クラリネットとピアノのためのソナチネ/フィンジ:5つのバガテル/アイアランド:幻想的ソナタ/ホロヴィッツ:クラリネットとピアノのためのソナチネ

ディミトリ・ラスル=カレイエヴ(クラリネット)
サヤ・ハシノ(ピアノ)

オクタヴィア・レコード
OVCC-00153 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 【レポート】武蔵野音楽大学 管弦楽団合唱団演奏会「荘厳ミサ曲」リハーサル取材
      on 2019/11/15 at 01:00

      若い学生たちが巨匠のタクトで ベートーヴェン「荘厳ミサ曲」に挑む    今年創立90周年を迎えた武蔵野音楽学園。初期には武蔵野音楽学校として認可され、戦後には音楽大学音楽学部としていち早く設置認可されるなど、昭和初期から激動の時代を乗り越え、永く日本の音楽界の重要な礎となってきた学び舎であり、ここから巣立った名音楽家も数多い。    90周年を記念する演奏会として開催されるのが、12月の「武蔵野音 [&#8230 […]