【SACD】メンデルスゾーン:「イタリア」、ベートーヴェン:交響曲第7番/西脇義訓&デア・リング東京オーケストラ

 名録音を多数残してきた西脇義訓が指揮する、デア・リング東京オーケストラ。彼の知見と方法論に基づき、“常識的な”オーケストラの楽器配置を完全にシャッフルしてしまう。類例のない活動の成果は、これまで録音でしか聴けなかったが、昨年ついに初の公演が実現した。通常配置での音響のシャープさは減ずるが、代わりに得られたのは、会場中に広がるハーモニー、柔らかく温かな音色、埋もれやすい内声と金管が無理なく共存する音響、楽員個々人の自発性と歌心など。想像以上の成果の大きさに感嘆するばかり。心地よく“常識”を覆していく西脇の挑戦。大いに注目し、傾聴したい。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2019年9月号より)

【information】
SACD『メンデルスゾーン:「イタリア」、ベートーヴェン:交響曲第7番/西脇義訓&デア・リング東京オーケストラ』

メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」
ベートーヴェン:交響曲第7番

西脇義訓(指揮)
デア・リング東京オーケストラ

収録:2018年8月、三鷹市芸術文化センター(ライヴ)
N&F
NF65808 ¥オープン

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]