【CD】竹田恵子オペラひとりっ切り ―高橋悠治作品集―/竹田恵子&高橋悠治

 2004年にオペラシアターこんにゃく座を退座したのち竹田恵子が立ち上げた「オペラひとりっ切り」シリーズの最新CDには高橋悠冶作曲による4作品を収録。限られた音数によるある種“抑制”された高橋の音楽はそれゆえに聴き手の想像力を大いにかき立てるものがあるが、これに対して竹田の歌は様々な声色と表情を駆使して実に多様な情景を現前させ見事。この両者の絶妙なコントラストが一見モノクロームと見えるこれら「オペラ」を実に奥行きあるものたらしめている。中でも〈芝浜〉のペーソス、〈めをとうし〉の悲しさとほのかな希望の入り混じった独特の情感が胸を打つ。
文:藤原 聡
(ぶらあぼ2019年8月号より)

【information】
CD『竹田恵子オペラひとりっ切り ―高橋悠治作品集―/竹田恵子&高橋悠治』

高橋悠治:水仙月の四日、芝浜 古典落語より、めをとうし、祖母のうた

竹田恵子 (うた) 
高橋悠治(ピアノ)
水野佐知香 亀井庸州(以上ヴァイオリン)
藤村俊介 多井智紀(以上チェロ)

コジマ録音
ALCD-7237 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 【レポート】武蔵野音楽大学 管弦楽団合唱団演奏会「荘厳ミサ曲」リハーサル取材
      on 2019/11/15 at 01:00

      若い学生たちが巨匠のタクトで ベートーヴェン「荘厳ミサ曲」に挑む    今年創立90周年を迎えた武蔵野音楽学園。初期には武蔵野音楽学校として認可され、戦後には音楽大学音楽学部としていち早く設置認可されるなど、昭和初期から激動の時代を乗り越え、永く日本の音楽界の重要な礎となってきた学び舎であり、ここから巣立った名音楽家も数多い。    90周年を記念する演奏会として開催されるのが、12月の「武蔵野音 [&#8230 […]