【CD】竹田恵子オペラひとりっ切り ―高橋悠治作品集―/竹田恵子&高橋悠治

 2004年にオペラシアターこんにゃく座を退座したのち竹田恵子が立ち上げた「オペラひとりっ切り」シリーズの最新CDには高橋悠冶作曲による4作品を収録。限られた音数によるある種“抑制”された高橋の音楽はそれゆえに聴き手の想像力を大いにかき立てるものがあるが、これに対して竹田の歌は様々な声色と表情を駆使して実に多様な情景を現前させ見事。この両者の絶妙なコントラストが一見モノクロームと見えるこれら「オペラ」を実に奥行きあるものたらしめている。中でも〈芝浜〉のペーソス、〈めをとうし〉の悲しさとほのかな希望の入り混じった独特の情感が胸を打つ。
文:藤原 聡
(ぶらあぼ2019年8月号より)

【information】
CD『竹田恵子オペラひとりっ切り ―高橋悠治作品集―/竹田恵子&高橋悠治』

高橋悠治:水仙月の四日、芝浜 古典落語より、めをとうし、祖母のうた

竹田恵子 (うた) 
高橋悠治(ピアノ)
水野佐知香 亀井庸州(以上ヴァイオリン)
藤村俊介 多井智紀(以上チェロ)

コジマ録音
ALCD-7237 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]