令和元年春の叙勲・褒章が発表

 令和元年の春の叙勲・褒章が5月21日付けで発表された。例年4月29日に発令されているが、今年は新天皇の即位に伴い、日程が変更された。
 外国人叙勲では、フレデリック・ショパン音楽大学教授のピオトル・パレチニ、ロシア国立アカデミー・ボリショイ劇場総支配人のウラジーミル・ゲオルギエヴィチ・ウーリンが、日本との文化交流の促進に寄与したとして旭日中綬章を受章した。また、作曲家のエンニオ・モリコーネは旭日小綬章を受章した。
 そのほか、声楽家で日本芸術院会員の栗林義信が旭日中綬章(芸術文化功労)を受章した。栗林は、バリトン歌手として1956年に日本音楽コンクール声楽部門で優勝。イタリアへ渡り、ミラノ・スカラ座の研修生となった後、ヴィオッティ国際声楽コンクールで金賞受賞。帰国後は、イタリア・オペラを中心に活躍し、東京二期会の理事長も務めた。現在は、東急財団オペラ部門選考委員長を務めている。

内閣府
https://www.cao.go.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]