【CD】ショスタコーヴィチ:交響曲第12番「1917年」&第15番/ラザレフ&日本フィル

 日本で聴けるショスタコーヴィチの極北と言うべき豪演を繰り広げる、ラザレフ指揮日本フィルのライヴ。第12番は冒頭から気迫に満ち、第1楽章の強烈な推進力と壮絶な爆発に興奮。第3・4楽章の全奏のエネルギーも凄まじく、全てをなぎ倒すように進む結尾の“勝利の行進”は空恐ろしくなるほど。このコンビの長所が詰まった名演だ。第15番は繊細さと緻密さが要求される難曲だが、初演のリハーサル現場にいたというラザレフが、熱気と冷気が両立した緊張感で、鋭くもニュアンス豊かな好演を実現。彼らのショスタコーヴィチ交響曲録音も半分を超え、今後もさらに期待したい。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2019年7月号より)

【Information】
CD『ショスタコーヴィチ:交響曲第12番「1917年」&第15番/ラザレフ&日本フィル』

ショスタコーヴィチ:交響曲第12番「1917年」、同第15番

アレクサンドル・ラザレフ(指揮)
日本フィルハーモニー交響楽団

収録:2018年11月、16年7月、サントリーホール(ライヴ)
オクタヴィア・レコード
OVCL-00694 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part2
      on 2019/12/06 at 01:43

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 NHK交響楽団首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィに話をうかがうロング・インタビュー。後半戦はN響とのレコーディングや、2020年2〜3月に控えたヨーロッパツアーについて、じっくりと語っていただく。 ── パーヴォさんの指揮するN響のCDのなかで、バルトークにとりわけ強い感銘を受けました。これまでに発売されたもののなかでは唯一、完全にロ [&#8230 […]