【CD】天の舞 Celestial Dance/Bach Artists Japan 匠

 N響、東響の首席奏者等、日本を代表する5人の名手が集結した、“トランペット五重奏&四重奏のみ”のアルバム。グループ名の「Bach」は、同楽器のトップブランドたる「バック」を意味している。つまり5人はその愛用者であり、本作も統一感のある音色が大きな特徴をなしている。アメリカ人作曲家のオリジナル中心の選曲には一切の媚びがなく、楽器の特性を生かした音楽がひたすら続く内容は、きわめて真摯で潔い。演奏はむろんハイレベルで、サウンドは終始快適。中でも「シティスケープス」が実に愉しい。トランペットの魅力を堪能できる好ディスク。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2019年7月号より)

【Information】
CD『天の舞 Celestial Dance/Bach Artists Japan 匠』

モラレス:天の舞、サイクロン、シティスケープス/プレスティ:5本のトランペットのための組曲/レイノルズ:5本のトランペットのための音楽 他

Bach Artists Japan 匠
【安藤友樹 長谷川智之 井上圭 尹千浩 佐藤友紀(以上トランペット)】

オクタヴィア・レコード
OVCC-00155 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 11/13 新居由佳梨(ピアノ) 公演にむけたメッセージ
      on 2019/10/18 at 15:40

      ピアニストの新居由佳梨が、11月13日に東京オペラシティ リサイタルホールでソロとデュオ(共演はチェロの西谷牧人)のリサイタルを開催する。フランクとバッハを核とした内容となっており、今回の公演にあたり、メッセージをいただきました。 【動画メッセージ】新居由佳梨 ピアノリサイタル ぶらあぼ本誌11月号&WEBぶらあぼでもインタビュー記事を公開中。 新居由佳梨(ピアノ) profile 新居由 [&#8230 […]