第1回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際オンラインピアノコンクールで谷 昂登が優勝

 「第1回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際オンラインピアノコンクール」の本選が4月18日に韓国・ソウルで行われ、谷昂登(あきと)が第1位に入賞した。前身の「若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ピアノ部門も含めて、日本人の優勝は初となる。
 結果は以下の通り。

第1位 谷 昂登(日本)
第2位 Sae hyun Kim(韓国)
第3位 Aleksandr Doronin(ロシア)

 谷は2003年北九州市生まれ。14年、ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会にてJr.G級金賞を受賞。16年には、第20回浜松国際ピアノアカデミーコンクールにて特別賞を受賞している。現在、岡本美智子、永野栄子、鈴木弘尚に師事し、桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)に特待生として在学中。

 17歳以下を対象とした同コンクールは、「チャイコフスキー国際コンクール」のジュニア部門として創設された「若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」のピアノ部門を引き継いだもの。アレクサンダー・ソコロフ審査委員長、渡邉康雄ら9名が審査委員を務め、予選の審査は、出場者が映像をアップロードすることによりオンラインで行われた。

The International Tchaikovsky Online Piano Competition for Young Musicians
http://tchaikovsky.iscu.ac.kr/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]