【CD】流れよ 私の涙〜ジョン・ダウランド リュートソング集〜/小倉麻矢&つのだたかし

 言葉を語り、“うたうたい”を自称する小倉麻矢。イギリス古謡に惹かれて、ロンドン王立音楽大学に学んだ。そのファーストアルバムは、つのだたかしのリュートを伴ってのダウランドのリュートソング集。温かく、しっとりとした湿り気を包含した小倉の声と、一つひとつの言葉に魂を込めた歌いまわしは、これらの楽曲が湛える独特のメランコリーと化学反応を起こす。そして、「死」も「別れ」も、僅かな「希望」も、いま、我々の眼前にある存在として現出させてしまう。小倉と同様、音楽だけでなく、言葉のニュアンスも繊細に掬い取ってゆく、名手・つのだの好演も光っている。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2019年6月号より)

【Information】
CD『流れよ 私の涙〜ジョン・ダウランド リュートソング集〜/小倉麻矢&つのだたかし』

ダウランド:流れよ 私の涙、さようなら あまりにも美しい人、教えておくれ 真実の愛を、眠ったふりをしている君は?、この揺れ動く影の下、あの人が泣いているのを見た、とどまれ 時よ、暗闇に私を住まわせて 他

小倉麻矢(歌)
つのだたかし(リュート)

BLUEBELL
MOB-001 ¥2600+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]