北山クラシック倶楽部2019 セプトゥーラ(金管アンサンブル)

光輝で高貴な新型ブラス、初見参!

 これは金管アンサンブルのイメージを超えた“金管楽器による室内楽”である。6月に初登場する「セプトゥーラ」は、それほど音楽的なクオリティが高い。彼らは2012年に創設された英国の金管七重奏団。トランペット3、トロンボーン3、テューバ1の編成で活動し、メンバーにはロンドン響、BBC響、ロイヤル・フィルの主力奏者等の腕利きが揃っている。従って最高度の技量と華やかな音色をもち、英国ブラスならではの“光輝な気品”に充ちた演奏を聴かせる。そして最大の特徴がクラシカルなテイスト。今回の演目でCDにも録音しているショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第8番やエルガーのセレナードなど、これまでにないレパートリーで精緻かつ濃密な快演を展開し、金管楽器の壮麗さも堪能させつつ、曲の魅力を再発見させる。典雅なヘンデル、ノーブルなエルガー、シリアスなショスタコーヴィチに愉しいガーシュウィン等を加えたプログラムは唯一無二。ブラス界や室内楽界に新たな形をもたらす当アンサンブル、ブラスファン以外にも、ぜひお勧めしたい。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2019年6月号より)

20019.6/18(火)19:00 京都コンサートホール アンサンブルホールムラタ(小)
問:京都コンサートホール075-711-3231
  プロアルテムジケ03-3943-6677
https://www.proarte.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]