10代のためのプレミアム・コンサート 大野和士(指揮) バルセロナ交響楽団

子どもたちに“最高級”のステージを届けたい

大野和士

 次世代を担う10代の子どもたちにクオリティの高い音楽を聴いてほしい。そんな願いが込められているシリーズが、ソニー音楽財団による「10代のためのプレミアム・コンサート」。毎年多くの公演が開催されているが、この7月には大野和士指揮バルセロナ交響楽団が登場する。世界的指揮者と彼が音楽監督を務めるスペインの名門楽団との組合せはまさしくプレミアムだ。

 プログラムはスペインを舞台にしたビゼーのオペラ《カルメン》から前奏曲、おとぎ話を題材としたラヴェルの組曲「マ・メール・ロワ」、そしてスペインを代表する作曲家ファリャのバレエ音楽「三角帽子」第2組曲。色彩感豊かな作品が並んだ。「三角帽子」では東京シティ・バレエ団も加わって、音楽と踊りでスペイン情緒を伝えてくれる。わかりやすいと評判のマエストロ大野のレクチャー付き。

 なお、入場は小学校1年生から可。チケット価格は格安。家族いっしょに楽しみたい。
文:飯尾洋一
(ぶらあぼ2019年5月号より)

2019.7/29(月)18:00 サントリーホール
問:ソニー音楽財団03-3515-5261 
http://www.smf.or.jp/


*WEBサイト「La Valse by ぶらあぼ」オープン記念特典チケットサービスとして、会員登録(無料)に登録いただいた方を対象に、本公演に抽選で親子ペア2組をご招待。
応募詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。
https://member.ebravo.jp/
https://member.ebravo.jp/3444/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]