【CD】souvenirs〜記憶〜/岡本愛子

 フランス近現代の音楽に愛を注ぎ、40年にわたる演奏活動を通じてその魅力を伝え続けてきた岡本愛子。本アルバムは、その軌跡の一端を収めた、楽しくも貴重なライヴ録音である。メシアン生誕100周年、デュティーユの特集、そしてパリのソリストたちとの室内楽シリーズのリサイタルから選りすぐりの録音が並べられる。フルートと共演する「牧神の午後への前奏曲」の香しさ、プーランクの「躊躇いのワルツ」の洒脱さ、メシアンの前奏曲集の倍音の豊かさなど、どこをとってもフランス音楽への深い眼差しと、音楽する喜び、響きへの優しさに満ち溢れている。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ2019年7月号より)

【Information】
CD『souvenirs〜記憶〜/岡本愛子』

ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲/デュティーユ:波動のままに/プーランク:「城への招待」より〈躊躇いのワルツ〉、オーボエとピアノのためのソナタ/メシアン:前奏曲集

岡本愛子(ピアノ)
カトリーヌ・カンタン(フルート)
クリストフ・グランデル(オーボエ) 他

収録:2008年5月、12年10月、東京文化会館(小) 他 (ライヴ)
コジマ録音
ALCD-9195 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]