レ・クロッシュ リサイタル 〜ピアノ&チェロの夢の世界〜

姉弟デュオで醸し出す爽やかな音色

レ・クロッシュ

 共に幼少時に渡仏し、パリ高等音楽院に学んだピアニストの姉・宇宿真紀子とチェリストの弟・宇宿直彰によるデュオ「レ・クロッシュ」。ルエイユ・マルメゾン音楽院大学院でそれぞれの専門であるピアノ科とチェロ科に加え、共に室内楽科でも学んで首席で卒業。各自がヨーロッパ各国や日本でソリストとして活躍する一方、フランス語で“鐘”を意味するグループ名のもと、精力的にデュオ活動を続けている。

 心待ちにしているファンも数多い、恒例の春のリサイタル「ピアノ&チェロの夢の世界」。今回は、グリーグ「チェロとピアノのためのソナタ」、元来はピアノ曲の「春に寄す」、そしてポッパー「演奏会用ポロネーズ」、ベッリーニの歌曲〈優雅な銀色の月よ〉をデュオで。さらに、直彰がバッハ「無伴奏チェロ組曲第1番」、真紀子がラヴェル「水の戯れ」やピアソラ「アディオス・ノニーノ」と、それぞれがソロ曲も披露する。2人の名手が鳴らす“鐘の音”が、爽やかな風を届けてくれるだろう。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年5月号より)

2019.5/27(月)19:00 東京文化会館(小)
問:及川音楽事務所03-3981-6052
https://maki-nao.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]