カール・ニールセン国際コンクール 2019 受賞者決定

 WEBぶらあぼでもヴァイオリン部門のネット生中継を実施した、「カール・ニールセン国際コンクール 2019」が3月31日に終了し、ヴァイオリン、クラリネット、フルートの各部門の受賞者が発表された。

左より:Johan Dalene(ヴァイオリン部門 第1位 )、 Blaz Sparovec(クラリネット部門 第1位)、Joséphine Olech(フルート部門 第1位 )
C) Knud Erik Jørgensen, Odense Symfoniorchester – OS

【ヴァイオリン部門】
第1位 Johan Dalene (18歳/スウェーデン)
第2位 Marie-Astrid Hulot (21歳/フランス)
第3位 Anna Agafia Egholm (22歳/デンマーク)

【クラリネット部門】
第1位 Blaz Sparovec (24歳/スロヴェニア)
第2位 Aron Chiesa (22歳/イタリア)
第3位 Víctor Díaz Guerra (22歳/スペイン)

【フルート部門】
第1位 Joséphine Olech (24歳/フランス)
第2位 Marianna Julia Żołnacz (19歳/ポーランド)
第3位 Rafael Adobas Bayog (21歳/スペイン)

 

 各部門第1位の受賞者は、賞金として12,000ユーロ、オーデンセ交響楽団と共演したソロ・レコーディング(Orchid Classicsよりインターナショナルリリースが確約)、そして、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団などのオーケストラとの共演する機会が与えられる。

 コンクール総裁でヴァイオリン部門の審査委員長を務めたニコライ・シェプス=ズナイダーは、「この3人の第1位受賞者は、明日を担う才能であることに間違いありません。私たちは、“彼らの音楽家としての旅”を追うだけではなく、長年にわたりサポートしていきたいと思っています」とコメントしている。

 「カール・ニールセン国際コンクール2019」は、3月23日から31日まで、ニールセンの故郷、デンマークのオーデンセで、同コンクール史上初めて、ヴァイオリン・クラリネット・フルート部門が同時開催された。次回は2022年の開催が予定されている。


カール・ニールセン国際コンクール

https://nielsen2019.medici.tv/
https://carlnielsencompetition.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アムステルダム・運河の街のエラール | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第6回
      on 2019/12/11 at 05:55

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第6回 アムステルダム・運河の街 [&#8230 […]