カール・ニールセン国際コンクール 2019 受賞者決定

 WEBぶらあぼでもヴァイオリン部門のネット生中継を実施した、「カール・ニールセン国際コンクール 2019」が3月31日に終了し、ヴァイオリン、クラリネット、フルートの各部門の受賞者が発表された。

左より:Johan Dalene(ヴァイオリン部門 第1位 )、 Blaz Sparovec(クラリネット部門 第1位)、Joséphine Olech(フルート部門 第1位 )
C) Knud Erik Jørgensen, Odense Symfoniorchester – OS

【ヴァイオリン部門】
第1位 Johan Dalene (18歳/スウェーデン)
第2位 Marie-Astrid Hulot (21歳/フランス)
第3位 Anna Agafia Egholm (22歳/デンマーク)

【クラリネット部門】
第1位 Blaz Sparovec (24歳/スロヴェニア)
第2位 Aron Chiesa (22歳/イタリア)
第3位 Víctor Díaz Guerra (22歳/スペイン)

【フルート部門】
第1位 Joséphine Olech (24歳/フランス)
第2位 Marianna Julia Żołnacz (19歳/ポーランド)
第3位 Rafael Adobas Bayog (21歳/スペイン)

 

 各部門第1位の受賞者は、賞金として12,000ユーロ、オーデンセ交響楽団と共演したソロ・レコーディング(Orchid Classicsよりインターナショナルリリースが確約)、そして、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団などのオーケストラとの共演する機会が与えられる。

 コンクール総裁でヴァイオリン部門の審査委員長を務めたニコライ・シェプス=ズナイダーは、「この3人の第1位受賞者は、明日を担う才能であることに間違いありません。私たちは、“彼らの音楽家としての旅”を追うだけではなく、長年にわたりサポートしていきたいと思っています」とコメントしている。

 「カール・ニールセン国際コンクール2019」は、3月23日から31日まで、ニールセンの故郷、デンマークのオーデンセで、同コンクール史上初めて、ヴァイオリン・クラリネット・フルート部門が同時開催された。次回は2022年の開催が予定されている。


カール・ニールセン国際コンクール

https://nielsen2019.medici.tv/
https://carlnielsencompetition.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]