堀 正文 70th Anniversary Concert

名奏者を寿ぐ最高にゴージャスなステージ

©Shigeto Imura

 長年にわたってNHK交響楽団のソロ・コンサートマスターとして活躍した堀正文の古希(70歳)を祝うコンサートがサントリーホールで開催される。富山県出身の堀は、京都市立堀川高校音楽科卒業後、ドイツに渡る。フライブルク音楽大学を卒業し、ダルムシュタット国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスターを経て、1979年から2015年までN響のコンサートマスターの重責を担った。また、教育活動にも熱心に取り組み、現在も桐朋学園大学教授として後進の指導にあたっている。
 今回のコンサートでは、日本の音楽界を牽引してきた実力派ヴァイオリニストであり、名教師である堀のために、N響メンバーのほか、ヴァイオリンの諏訪内晶子、漆原啓子、澤和樹、四方恭子、豊嶋泰嗣、松田理奈、ヴィオラの篠﨑友美、チェロの上村昇、辻本玲、藤原真理、ハープの吉野直子、ピアノの仲道郁代、清水和音、指揮の山下一史ら総勢約90名が集う。
 3部構成で15時スタート、19時終演予定というボリュームも魅力。クライスラーのヴァイオリン小品から、ドヴォルザークのピアノ五重奏曲、メンデルスゾーンの弦楽八重奏曲、バッハの2つのヴァイオリンのための協奏曲、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、モーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」(それぞれ1つの楽章)まで、多彩なプログラムを披露する。堀本人だけでなく、聴き手にとっても千載一遇の豪華なコンサートといえよう。
文:山田治生
(ぶらあぼ2019年4月号より)

2019.5/19(日)15:00 サントリーホール
問:MIYAZAWA&Co. 03-4360-5102 
http://miy-com.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]