【CD】“魂のヴァイオリニスト”甦る若林暢

 2016年の早すぎる死まで長きにわたり“知られざる”存在だった若林暢。17年リリースの国内初CDが高い評価を得るなど、注目を集める彼女の新たに発見された音源が登場。11年五反田でのフォーレのソナタも魅力だが、やはり1986年にヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクールで2位に輝き、国際デビューを果たした直後にポーランドで収録されたマスネやショーソンの小品の流麗なる演奏が聴きどころ。その2年後にジュリアード音楽院ポールリサイタルホールで録られたショパンの「夜想曲」なども、若さに溢れながら音楽的なスケールの大きさに驚かされる。
文:東端哲也
(ぶらあぼ2019年2月号より)

【information】
CD『“魂のヴァイオリニスト”甦る若林暢』

マスネ:タイスの瞑想曲/ショーソン:詩曲/ヴィエニャフスキ:モスクワの思い出、グノーの「ファウスト」の主題による華麗なる幻想曲/ショパン(ミルシテイン編):夜想曲第20番/フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第1番

若林暢(ヴァイオリン)
タデウシュ・フミェレフスキ 鳥羽泰子 アルバート・ロト(以上ピアノ)

収録:2011年11月、五反田文化センター(ライヴ) 他
ソニー・ミュージックダイレクト
MHCC-30006 ¥2500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]