読響 × カーチュン・ウォン(指揮) × 藤田真央(ピアノ)

世界が注目する若き才能2人が新風を吹き込む

 2017年にクララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで優勝して注目を集める藤田真央と、16年にグスタフ・マーラー国際指揮者コンクールで優勝したシンガポール出身のカーチュン・ウォン。世界が注目するふたりの気鋭がめぐろパーシモンホールで読売日本交響楽団と共演する。

 プログラムはラフマニノフのピアノ協奏曲第3番と、ムソルグスキー(ラヴェル編曲)の組曲「展覧会の絵」。ラフマニノフ作品は、藤田真央が16年の浜松国際ピアノアカデミーコンクール本選で演奏して1位を獲得した曲であり、藤田にとって「中村紘子先生にご指導いただいた大切な作品」だという。そこからの3年間でさらなる成長を遂げたであろう藤田の今はいかに。一方、カーチュン・ウォンは早くも18年からニュルンベルク交響楽団の首席指揮者に就任し、欧州でのキャリアを築き始めている。読響とはこれが初共演。オーケストラに新風を吹き込んでくれることだろう。
文:飯尾洋一
(ぶらあぼ2019年2月号より)


フレッシュ名曲コンサート
読響 × カーチュン・ウォン(指揮) × 藤田真央(ピアノ)
2019.3/2(土)15:00 めぐろパーシモンホール
問 めぐろパーシモンホールチケットセンター03-5701-2904 
http://www.persimmon.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]