【CD】適正律クラヴィーア曲集第1集・第2集 第13番〜第18番/武久源造

 「バッハ独特の音楽修辞学の理解と、真に相応しいテンポを探ること」。武久源造は「適正律(平均律)クラヴィーア曲集」へ対峙するにあたり、心を砕く2点を挙げる。13〜18番を収録した第3弾は、また構成を変えて、チェンバロで第1巻、フォルテピアノで第2巻を、番号順に収録。足鍵盤付きのせいもあり、壮大な音の広がりを感じさせるチェンバロに対して、意外に内省的なフォルテピアノの対比がまず面白い。そして、武久のプレイは、相変わらず鮮烈。スリリングさをも孕んだ作品の全体像を見据えつつ、ほとばしる熱情と冷静な知性との絶妙なバランスを保ち、聴く者に至高の愉悦をもたらす。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2019年1月号より)

【information】
CD『適正律クラヴィーア曲集第1集・第2集 第13番〜第18番/武久源造』

J.S.バッハ:適正律クラヴィーア曲集第1集より第13番〜第18番(チェンバロによる)、同第2集より第13番〜第18番(フォルテピアノによる)

武久源造(チェンバロ/フォルテピアノ)

コジマ録音
ALCD-1180 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]