【CD】ダマーズ:フルート作品集/寺田愛

 ダマーズは2013年に85歳で没したフランスの作曲家。作風は前衛とは一線を画し、古典的な美意識を基礎にして、フランス人らしいひねりの効いた和声感覚の上に、雅びで伸びやかな旋律を展開している。その美に魅せられた若手フルーティスト寺田愛が中心となり、室内楽作品集を編んだ。時にアグレッシヴな表情も見せるピアノ(瀬尾和紀)とのデュオ曲2曲と、そこにもう一つ楽器を加えた3重奏曲3曲が収録されている。チェロが入ると響きに厚みが出、2本のフルートは互いに戯れあい、オーボエとの協奏では音色のコントラストにほのかな妖しさも漂う。全編がたおやかで贅沢な田園の奏楽だ。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2019年1月号より)

【information】
CD『ダマーズ:フルート作品集/寺田愛』

ジャン=ミシェル・ダマーズ:フルートとピアノのためのスケルツォ、フルートとピアノ、チェロのためのコンセールによるソナタ、2本のフルートとピアノのための三重奏曲、フルートとオーボエ、ピアノのための三重奏曲、フルートとピアノのための変奏曲

寺田愛 浅川寧(以上フルート) 金子亜未(オーボエ) 中木健二(チェロ) 瀬尾和紀(ピアノ)

レック・ラボ(録音研究室)
NIKU-9019 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 11/13 新居由佳梨(ピアノ) 公演にむけたメッセージ
      on 2019/10/18 at 15:40

      ピアニストの新居由佳梨が、11月13日に東京オペラシティ リサイタルホールでソロとデュオ(共演はチェロの西谷牧人)のリサイタルを開催する。フランクとバッハを核とした内容となっており、今回の公演にあたり、メッセージをいただきました。 【動画メッセージ】新居由佳梨 ピアノリサイタル ぶらあぼ本誌11月号&WEBぶらあぼでもインタビュー記事を公開中。 新居由佳梨(ピアノ) profile 新居由 [&#8230 […]