【CD】ダマーズ:フルート作品集/寺田愛

 ダマーズは2013年に85歳で没したフランスの作曲家。作風は前衛とは一線を画し、古典的な美意識を基礎にして、フランス人らしいひねりの効いた和声感覚の上に、雅びで伸びやかな旋律を展開している。その美に魅せられた若手フルーティスト寺田愛が中心となり、室内楽作品集を編んだ。時にアグレッシヴな表情も見せるピアノ(瀬尾和紀)とのデュオ曲2曲と、そこにもう一つ楽器を加えた3重奏曲3曲が収録されている。チェロが入ると響きに厚みが出、2本のフルートは互いに戯れあい、オーボエとの協奏では音色のコントラストにほのかな妖しさも漂う。全編がたおやかで贅沢な田園の奏楽だ。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2019年1月号より)

【information】
CD『ダマーズ:フルート作品集/寺田愛』

ジャン=ミシェル・ダマーズ:フルートとピアノのためのスケルツォ、フルートとピアノ、チェロのためのコンセールによるソナタ、2本のフルートとピアノのための三重奏曲、フルートとオーボエ、ピアノのための三重奏曲、フルートとピアノのための変奏曲

寺田愛 浅川寧(以上フルート) 金子亜未(オーボエ) 中木健二(チェロ) 瀬尾和紀(ピアノ)

レック・ラボ(録音研究室)
NIKU-9019 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]