【CD】グレイテスト・ギターズ 〜ギター名器聴き比べ〜/福田進一

 福田進一のこれまでの名録音の数々で“ギター名器聴き比べ”を。日本、アメリカ、スペイン、ドイツの名器を弾きわけ、各々の特性が際立つ演奏が選りすぐられた。楽器自体に注目してまとめて聴ける機会は貴重だが、バッハでの考え抜かれた対位法表現と安定の名技、バリオスやポンセでの多彩な音色と哀愁など、やはり名匠の名演自体が“聴き比べ”にも魅力と説得力を生み出している。福田自身による各楽器についての解説は、あたかもワインの味を表現するかのような、明確かつ豊かな言葉が印象的。名ソムリエの案内で熟成されたギターの違いを味わえる、なんとも贅沢な一枚。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2019年1月号より)

【information】
CD『グレイテスト・ギターズ 〜ギター名器聴き比べ〜/福田進一』

J.S.バッハ:プレリュード 組曲ニ長調(原曲:ト長調)BWV1007より、G線上のアリア、フーガ イ短調(原曲:ト長調)BWV1000/ウォルトン:アレグロ 5つのバガテルより/バリオス:マズルカ・アパシオナータ/ポンセ:ルンバ 4つの小品より、エストレリータ 他

福田進一(ギター)

マイスター・ミュージック
MM-4046 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • プッチーニ《蝶々夫人》 | 岸純信のオペラ名作早わかり 〜新時代のオペラ作品ガイド 第3回 
      on 2019/08/18 at 22:30

      text:岸 純信(オペラ研究家) 【あらすじ】 明治期の長崎を舞台に、大和撫子の蝶々さんが米国海軍士官のピンカートンと結ばれるが、帰国した夫はアメリカ人と結婚。彼を待ち続けた蝶々さんは、軍艦が戻ってきたその日、子どもも手放すよう言われて「抗議の死」を選ぶという悲劇の物語。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 《蝶々夫人 Madama Butterfly》は、日本人に「日本の美学を改 [&#8230 […]