【CD】ショパン:ピアノ協奏曲第2番、ノクターン/辻井伸行&アシュケナージ&ベルリン・ドイツ響

 辻井伸行の新譜のメインは、アシュケナージ指揮、ベルリン・ドイツ交響楽団とのショパンの協奏曲第2番のライヴ録音(2017年5月、ベルリンのフィルハーモニー)。辻井とアシュケナージの相性の良さが互いの美質を高め合い、ソリストとオーケストラの音楽づくりのいたるところに音楽性の合致が感じられる。1楽章のエレガントなロマン性、2楽章の夢のような可憐さ、3楽章の物悲しくも華やかなフィナーレはいずれも、柔らかな音質をベースに、音楽的な勢いと広がりを聴かせる。3曲のノクターン(第1、2、20番)のスタジオ録音は一転して親密な空気を纏う。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ2019年1月号より)

【information】
CD『ショパン:ピアノ協奏曲第2番、ノクターン/辻井伸行&アシュケナージ&ベルリン・ドイツ響』

ショパン:ショパン:ピアノ協奏曲第2番、ノクターン第1番・第2番・第20番「遺作」

辻井伸行(ピアノ)
ウラディーミル・アシュケナージ(指揮)
ベルリン・ドイツ交響楽団

収録:2017年5月、ベルリン(ライヴ)他
エイベックス・クラシックス
AVCL-25978 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ソウルのソさんを訪ねて | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第7回
      on 2020/02/17 at 01:00

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第7回 ソウルのソさんを訪ねて [&#8230 […]