新日本フィルが2019/20シーズンラインナップを発表

新日本フィルハーモニー交響楽団 
C) K.MIURA

 新日本フィルハーモニー交響楽団が2019/20シーズン(2019年9月〜20年7月)定期演奏会年間プログラム速報を発表した。
 9月初旬、就任4年目を迎える音楽監督・上岡敏之によるブルックナー交響曲第7番で新シーズンが開幕(2019.9/5,9/8)。上岡は、このほかシューベルト「未完成」とモーツァルト「レクイエム」のカップリング(10/4,10/5)、珍しいレオポルド・ヴァン・デア・パルス(1884-1966)の交響曲第1番(20.4/17,4/18)、マーラーの交響曲第7番(5/23,5/24)など幅広く意欲的なプログラムを組んでいる。
 客演指揮者も多彩。トパーズ〈トリフォニー・シリーズ〉では、ガブリエリ・コンソート&プレイヤーズの創設者で近年モダン・オケとの共演も多いポール・マクリーシュがメンデルスゾーン交響曲第2番(19.9/20,9/21)を、そしてベートーヴェンのピアノ協奏曲「皇帝」の弾き振りが楽しみなラルス・フォークトなどが登場。ルビー〈アフタヌーン コンサート・シリーズ〉には、オペラ指揮者として名高いエヴェリーノ・ピド(20.2/28,2/29)、ボストン・ポップス・オーケストラの指揮者として活躍するキース・ロックハート(1/24,1/25)などバラエティに富んだ顔ぶれが並んだ。なお、上岡を中心に、客演指揮者の協力も仰ぎ、1年かけてシューベルトの交響曲全曲を取り上げているのも興味深い。ソリスト陣には、ピアノのカティア・ブニアティシヴィリやアンヌ・ケフェレック、ベルクのリートを歌うユリアーネ・バンゼ(ソプラノ)、バンドネオンの小松亮太など注目のアーティストが揃った。
 また、新たな試みとして、来季よりトパーズの金曜日の公演のみ開演時間が19時15分に変更されることも明らかになった。

新日本フィルハーモニー交響楽団
https://www.njp.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]