葵トリオ(ピアノ三重奏) ミュンヘン国際音楽コンクールピアノ三重奏部門第1位記念 凱旋リサイタル

世界に羽ばたく3人組が早くもサントリーホールに登場


 今年の9月に開催されたミュンヘン国際音楽コンクールで第1位を獲得した葵トリオが12月14日にサントリーホールのブルーローズ(小ホール)で「凱旋リサイタル」を開く。世界的に最難関のコンクールの一つとして知られる同コンクールのピアノ三重奏部門で日本人団体が第1位となったのは史上初。室内楽の分野では、東京クヮルテット以来、48年ぶりの優勝であった。
 葵トリオは、ヴァイオリンの小川響子、チェロの伊東裕、ピアノの秋元孝介の3人によって、2016年に結成された(『葵』の名称は3人の名字の頭文字“aoi”から取られている)。3人は全員、東京藝術大学出身であり、2014年から16年にかけてサントリーホール室内楽アカデミーの3期生としてともに研鑽を積んでいた。小川は12年の東京音楽コンクールで第1位を獲得し、現在、ベルリン・フィルのカラヤン・アカデミーに在籍。伊東は08年の日本音楽コンクールで第1位。秋元はロザリオ・マルシアーノ国際ピアノコンクールで第2位に入賞している。ソリストとしても活躍する3人だが、コンクールではその室内楽的なアンサンブルが高く評価された。
 今回のリサイタルでは、ミュンヘン国際音楽コンクールのファイナルで演奏したシューベルトのピアノ三重奏曲第2番をメインに、ハイドンの第27番ハ長調、ブラームスの第1番が披露される。サントリーホール室内楽アカデミーでともに学んだ3人がサントリーホールに帰ってくるこのリサイタルが待ち遠しい。
文:山田治生
(ぶらあぼ2018年12月号より)

2018.12/14(金)19:00 サントリーホール ブルーローズ(小)
問:サントリーホールチケットセンター0570-55-0017 
http://suntory.jp/HALL/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]