第478回 & 第479回 日経ミューズサロン

晩秋には新星ハーピストを、クリスマスにはピアノ四重奏を愉しむ

 この場所でしか味わえぬ、至福のひと時がある。都心の演奏空間で、第一級のアーティストによる質の高い演奏を楽しむ日経ミューズサロン。晩秋から初冬にかけて、注目のトップ・アーティストが、相次いで登場する。
 まずは、名門サンクトペテルブルク・マリインスキー歌劇場管で、2011年から首席ハープ奏者を務めるソフィア・キプルスカヤ。数々の登竜門で実績を重ね、ハープが大きな役割を担う場面が多いロシア音楽にあって、その音色に芸術監督のワレリー・ゲルギエフが惚れ込み、抜擢したという逸材だ。
 そのリサイタルでは、ツァーベル「噴水」やグリンカ「ノクターン」ほかハープのためのオリジナル曲から、ドビュッシー「アラベスク第1、2番」やスメタナ「モルダウ」などの編曲作品、さらにムード音楽の傑作であるマックスウェル「引き潮」まで、多彩に披露。麗しき名手が紡ぐ癒しの音色に、身を浸したい。
 そして、ウィーン在住のピアニスト、フォゥグ・浦田陽子と夫でウィーン・フィル楽員のヨァゲン(チェロ)を軸に、その同僚のハラルド・クルンペック(ヴァイオリン)とロベルト・バウアーシュタッター(ヴィオラ)が参加する、「ウィーン・ピアノ四重奏団」も登場する。
 ステージでは、モーツァルトの第2番とブラームスの第3番、ピアノ四重奏曲の佳品を。さらに、没後100年を記念してのドビュッシー「ピアノ三重奏曲第1番」や、ヴィヴァルディ「冬」、コレッリ「クリスマス協奏曲」からパストラーレと、選りすぐりの名曲を通じ、“音楽の街”の薫りを届けてくれる。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年11月号より)

第478回 日経ミューズサロン
ソフィア・キプルスカヤ ハープ・リサイタル 2018.11/27(火)

第479回 日経ミューズサロン
ウィーン・ピアノ四重奏団 クリスマス・コンサート 2018.12/3(月)
各日18:30 日経ホール

問:日経公演事務局03-5281-8067 
http://www.nikkei-hall.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]