【SACD】チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」 他 /上岡敏之&新日本フィル

 上岡&新日本フィルの5枚目のCD。今回も「既成概念を排し、一から楽譜を読み直して音にする」という上岡のポリシーを如実に反映した、鮮度の高い演奏が展開されている。「死の島」は、各音が有機的に綾なす精緻かつ艶やかな好演。「悲愴」は、冒頭から(最後まで)1音1フレーズが再創出され、ベタな民族色や大仰さなど皆無の凄絶な表現が震撼をもたらす。第2楽章は鬱々とワルツを踊り、第3楽章は怒りと悲しみを懐に抱いて行進するかのよう。そして第4楽章で全てのベクトルが集約され、著しく明確なコントラバスの終焉が戦慄を与える。ぜひご一聴を!
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2018年10月号より)

【information】
SACD『チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」 他 /上岡敏之&新日本フィル』

ラフマニノフ:交響詩「死の島」
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」

上岡敏之(指揮)
新日本フィルハーモニー交響楽団

オクタヴィア・レコード
OVCL-00671 ¥3200+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]