ハンス・グラーフ(指揮) 東京都交響楽団

モーツァルトのスペシャリストが生み出す滋味深い響き


 オーストリア出身の名匠、ハンス・グラーフが東京都交響楽団と初共演する。グラーフは、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団、ヒューストン交響楽団などの音楽監督を歴任し、ウィーン国立歌劇場やウィーン・フィルにも客演。ザルツブルク・モーツァルテウム管とモーツァルトの交響曲全集の録音を残すなど、とりわけモーツァルトを得意としている。
 もちろん、都響との「プロムナードコンサート」でもモーツァルトを取り上げる。交響曲第34番はモーツァルトのシンフォニーの中では演奏機会が少ない作品だが、ザルツブルク時代の最後の交響曲を敢えて取り上げるところにモーツァルトのスペシャリストとしての意気が感じられる。都響の緻密なアンサンブルが作品の魅力を際立たせるだろう。メインはドヴォルザークの交響曲第8番。ボヘミア情緒あふれるこの名曲で、今年69歳、まさに円熟というべきマエストロがどんな演奏を披露してくれるのか、楽しみである。
 また、プログラムの真ん中では、モスクワ生まれのカティア・スカナヴィを独奏者に迎え、サン=サーンスのピアノ協奏曲第2番が演奏される。モスクワ音楽院やパリ音楽院で学んだ彼女は、1989年のロン=ティボー国際音楽コンクールで第3位に入賞。都響とは、2009年10月の定期演奏会で共演し、プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番を弾いている。サン=サーンスの古典への眼差しが感じられるこの作品で生き生きとした演奏を聴かせてくれることだろう。
文:山田治生
(ぶらあぼ2018年7月号より)

プロムナードコンサート No.379
2018.8/25(土)14:00 サントリーホール
問:都響ガイド0570-056-057
http://www.tmso.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]