【CD】ショパン:バラード&スケルツォ/三浦友理枝

 デビューから約20年が経った今、三浦友理枝が満を持してリリースした、ショパンのバラード&スケルツォ全集。彼女らしい凛とした空気を貫きながら、要所で深い憂いや激しい感情を表出させる、詩情に満ちた演奏が収められている。スケルツォではクリアでパワーのある音が生き、メリハリのある立体的な演奏が耳をひく。特に印象に残るのは、バラード第4番。たっぷりと間を取りながら切々と歌い上げ、作曲家の感情の起伏に寄り添うような親密でドラマティックな音楽を展開させる。8曲それぞれから三浦が読み取ったストーリーが、丁寧に語られている。作品への強い想いと気迫を感じるアルバムだ。
文:高坂はる香
(ぶらあぼ2018年7月号より)

【information】
CD『ショパン:バラード&スケルツォ/三浦友理枝』

ショパン:バラード第1番〜第4番、スケルツォ第1番〜第4番

三浦友理枝(ピアノ)

エイベックス・クラシックス
AVCL-25964〜5(2枚組) ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]