全国共同制作プロジェクト《ドン・ジョヴァンニ》、井上道義指揮&森山開次演出で上演

前列:井上道義(左)、森山開次(右) 
C)Hikaru.☆

 来年1月の富山公演を皮切りに、東京、熊本と全国3都市で、全国共同制作プロジェクト モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》(新演出・英語字幕付・日本語上演)が上演される。

 全国共同制作プロジェクトは、全国の公共ホール・芸術団体などが手を組み、新演出のオペラを共同制作し、国内巡演するプロジェクト。これまでに、井上道義指揮・野田秀樹演出による《フィガロの結婚》(2015年)、欧州でも数々のオペラ演出を手掛ける笈田ヨシ演出《蝶々夫人》(17年)、映画監督・川瀨直美演出《トスカ》(18年)など、話題公演を上演してきた。

 今年度は、《フィガロの結婚》に続き、井上道義が再び総監督・指揮を務め、演出には、井上からの信頼が厚く、多彩なジャンルで精力的に活躍しているダンサー・振付家の森山開次が、自身初となるオペラ演出に挑む。

 今回の上演では、「日本語上演(英語字幕付)」されることも注目だ。各地のオーケストラに、ヴィタリ・ユシュマノフ(ドン・ジョヴァンニ)、高橋絵理(ドンナ・アンナ)、鷲尾麻衣(ドンナ・エルヴィーラ)ら実力あるソリストたちとオーディションで選ばれた10名のダンサーにより、音楽、言葉、身体表現が一体となった新たな《ドン・ジョヴァンニ》を目指す。

Art Direction / Illustration : 森本千絵(goen°)
Design : 高橋亮(goen°) 撮影:Hikaru.☆


【公演情報】
全国共同制作プロジェクト(富山、東京、熊本)
モーツァルト/歌劇《ドン・ジョヴァンニ》全2幕
(新演出・英語字幕付・日本語上演)

指揮・総監督:井上道義
演出・振付:森山開次

管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢(富山公演)、読売日本交響楽団(東京公演) 、九州交響楽団(熊本公演)
合唱:一般市民公募(富山公演) 東響コーラス(東京公演)ラスカーラ・オペラ協会(熊本公演)
   
ドン・ジョヴァンニ:ヴィタリ・ユシュマノフ
レポレッロ:三戸大久
ドンナ・アンナ:高橋絵理
騎士長:デニス・ビシュニャ
ドンナ・エルヴィーラ:鷲尾麻衣
ドン・オッターヴィオ:金山京介
ツェルリーナ:小林沙羅(1月20日・1月26日・2月3日) 、藤井玲南(1月27日)
マゼット:近藤 圭

ダンサー:浅沼 圭、碓井菜央、梶田留以、庄野早冴子、中村里彩、引間文佳、水谷彩乃、南帆乃佳、山本晴美、脇坂優海香

2019.1/20(日)14:00 富山/オーバード・ホール
一般発売:9/30(日)
問:アスネットカウンター 076-445-5511
http://www.aubade.or.jp/

2019.1/26(土)、1/27(日)14:00 東京芸術劇場 コンサートホール
一般発売:7/21(土)
問:東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296
http://www.geigeki.jp/performance/concert152/

2019.2/3(日)15:00 熊本県立劇場演劇ホール
一般発売:9/8(土)
問:熊本県立劇場 096-363-2233
http://www.kengeki.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]