【CD】グリーグ:ピアノ協奏曲、ラフマニノフ:パガ ニーニの主題による狂詩曲/辻井伸行

 辻井伸行にとって初録音の2曲。グリーグは、遅めのテンポで一音一音丁寧に奏され、細部まで明瞭かつ美しく表現されていく。全体にニュアンス豊かでリリシズムが横溢し、カデンツァをはじめ力強さにもこと欠かない。ラフマニノフは、鮮やかなテクニックと多彩な音色を駆使して、変奏ごとの表情の違いが見事に描き分けられた快演。特筆すべきは、V.ペトレンコ&ロイヤル・リヴァプール・フィルが、辻井と当意即妙なやりとりを繰り広げている点。誠意と共感に溢れるバックの呼応は、辻井の協奏曲録音の中でも最上位と言っていい。彼のファンならずとも一聴に値。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2018年7月号より)

【information】
CD『グリーグ:ピアノ協奏曲、ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲/辻井伸行』

グリーグ:ピアノ協奏曲
ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲

辻井伸行(ピアノ)
ヴァシリー・ペトレンコ(指揮)
ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団

エイベックス・クラシックス
AVCL-25960 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 「La Valse by ぶらあぼ」アクセス障害につきまして(復旧しました)
      on 2019/08/23 at 19:00

      2019/08/23(金)13時頃より、AWSサーバーにて大規模な通信障害が発生し、 本WEBサイト「La Valse by ぶらあぼ」が閲覧ができない状況となっておりましたが、2019/08/24(土)3時に復旧いたしました。ご不便をおかけして大変申し訳ございませんでした。 本対応にともない、障害の前後の時間帯にご登録頂いた一部のユーザーの方を対象に会員の再登録のお願いしております。対象となる方 [&#8230 […]