【CD】聖アポリナーレ教会のレクツィオ/山内房子

 埋もれたバロック作品を蘇演するなど、独創的な演奏活動を展開する山内房子が21年前、図書館のマイクロフィルムを通じ、偶然に知った作者不詳の聖週間の「レクツィオ」。かつて17世紀末〜18世紀前半頃にローマ・聖アポリナーレ教会で演奏され、今はロンドンに2種の写譜が現存。誰にも演奏されることなく、数百年間、眠り続けてきた。「いつか音に」と抱き続けた彼女の思いが、形となったのが当録音。山内の温かな歌声は、強い思い入れも伴って、忘れられていた佳品に、新たな生命を与える。オルガンの桒形亜樹子ら共演の器楽陣も端正な快演。彼女の熱情をしっかり受け止める。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年6月号より)

【information】
CD『聖アポリナーレ教会のレクツィオ/山内房子』

作者不詳:第一日 第一のレクツィオ、第二日 第一のレクツィオ、第三日 第一のレクツィオ、同第三のレクツィオ/ストラデッラ:「3声のシンフォニア」より/パスクィーニ:トッカータ ハ短調

山内房子(ソプラノ)
朝吹園子 吉田爽子(以上ヴァイオリン)
懸田貴嗣(チェロ)
桒形亜樹子(オルガン)

コジマ録音
ALCD-1173 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]