【CD】ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」 他/バッティストーニ&東京フィル

 バッティストーニと東京フィルの「BEYOND THE STANDARD」。定番名曲と日本人作曲家の作品をカップリングし、セッション録音で綿密に仕上げていく本シリーズ第1弾の当盤は「新世界より」と伊福部昭。セッションならではの高音質なのが嬉しいが、演奏もまた優秀。基本的にストレートな解釈ながらも細部の工夫や仕上げが見事な「新世界より」(例えば第1楽章での提示部と展開部での第2主題のテンポ変化、第2楽章後半部での極めて内省的な表現)、そしてもしかするともっと凄いのは伊福部。湧き上がるリズムの躍動感が尋常ではない。これは大変な聴きもの。
文:藤原 聡
(ぶらあぼ2018年5月号より)

【information】
CD『ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」 他/バッティストーニ&東京フィル』

ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
伊福部昭:シンフォニア・タプカーラ、ゴジラ〜交響ファンタジー「ゴジラ VS キングギドラ」より第7曲

アンドレア・バッティストーニ(指揮)
東京フィルハーモニー交響楽団

日本コロムビア
COCQ-85414 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]