SLIDE MONSTERS(トロンボーン・クァルテット)

垣根を超えた奇跡のスーパー・ユニット

左より:マーシャル・ギルクス、中川英二郎、ジョゼフ・アレッシ、ブラント・アテマ
C)Simon Yu

 ジャンルを超越したスーパー奏者・中川英二郎と、ニューヨーク・フィルの首席奏者を長年務める“神様”ジョゼフ・アレッシが結成した夢のトロンボーン・クァルテット「SLIDE MONSTERS」が、全国ツアーを行う。
 彼らは、今年1月ニューヨークにおけるCD録音で活動をスタートさせた。
中川(以下、N)「クラシックとジャズをボーダーレスで演奏できるグループを組みたかったので、旧知のアレッシさんと3年位前から計画し、今回のツアーが決まってCDを作りました」
アレッシ(以下、A)「新しい子どもを授かるような、エキサイティングな機会。素晴らしいジャズマンでリスペクトしているエイジロウがグループを作ってくれたのは嬉しい限りです」
 他の2人は、NYで活躍するジャズ界屈指の実力者マーシャル・ギルクスと、オランダ放送フィルのバス・トロンボーン奏者ブラント・アテマ。彼らはアレッシが強力プッシュした。
A「マーシャルはジュリアードで私の生徒だった頃からスターで、パーフェクトな奏者。ブラントもスーパーな奏者で何でもできます」
 コンセプトはもちろん異ジャンルの融合だ。
N「僕は“行き来”したかった。1曲の中でクラシックとジャズが入れ替わっていくような音楽、どこにでも行けるアンサンブルです。しかもジャズの同形態には必須のリズムセクションは入れず、あえてクラシカルな四重奏でと考えました。特にクラシックのお客さんにジャズの楽しさを伝えたいですね」
A「中川さんもマーシャルもクラシックの音を知っていますし、私もクラブでの飛び入り出演やビッグバンドの経験がありますから、両者が真ん中で出会ったとき、新しくて凄いケミストリーが生まれます」
 ステージも興味が尽きない。
N「CDには、僕の曲が3曲、マーシャルの曲が1曲と、ドビュッシーの『水の反映』、マイク・マイニエリの『Oops』、小曽根真さんの曲等を収録しており、ツアーもこれらが中心になります。僕とマーシャルのインプロヴィゼーションを交えたソロ曲も入れますし、“神の楽器”の四重奏ならではのハーモニーを味わえる場面も沢山あります。それに4人中3人がリード・プレイヤー。誰がトップを吹いているのか分からないような楽しみもあり、またミックスされた音色は4人で1つの楽器のように聴こえると思います。ただコンサートは聴衆と共に作るもの。ツアー中にどんどん変化する一期一会の公演になるでしょう」
A「これは過去に例のないユニークなプロジェクト。バラエティに富んだワープするようなステージは、誰もが絶対に飽きないと思います」
 このハイパーな新感覚を、ぜひとも満喫したい。
取材・文:柴田克彦
(ぶらあぼ2018年5月号より)

SLIDE MONSTERS “BEYOND” Inspired by New York ツアー
2018.5/4(金・祝)〜5/13(日)川崎、東京、福岡、大阪、高崎、静岡、福井
※ツアーの詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。 
http://www.slidemonsters.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part2
      on 2019/12/06 at 01:43

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 NHK交響楽団首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィに話をうかがうロング・インタビュー。後半戦はN響とのレコーディングや、2020年2〜3月に控えたヨーロッパツアーについて、じっくりと語っていただく。 ── パーヴォさんの指揮するN響のCDのなかで、バルトークにとりわけ強い感銘を受けました。これまでに発売されたもののなかでは唯一、完全にロ [&#8230 […]