大野和士(指揮) 東京都交響楽団

新シーズンはマーラーの大シンフォニーで開幕


 大野和士の都響音楽監督もこの春をもって3期目に入るが、新シーズンの幕開けにマーラーの交響曲第3番をぶつけてきたあたりに、手応えが確かなものへと成長しているのを感じる。なんといってもこれは4管編成の巨大管弦楽にアルト独唱、女声・児童合唱が加わり、2部6楽章構成、100分近くを要する“メガ交響曲”なのだ。当初作曲家が考えていたのは、牧神の目覚めと活力に満ちた夏の到来、花々や動物といった自然界との交歓、夜の瞑想、天使との交流を経て、愛の認識へ至るという気宇壮大な物語だった。一口でいうなら、マーラーはここで交響曲という器に世界の森羅万象を盛ったのである。
 大野&都響は2016年11月には交響曲第4番を演奏、さらに来年1月には「子供の不思議な角笛」を取り上げる。第3番・第4番は「角笛交響曲」と呼ばれるほどこの歌曲集と密接につながっているから、これは足掛け4年にわたって構想されたプログラミングの中間章なのだ。海外の歌劇場を長年にわたり率いてきた大野は、歌とドラマの生理を知り尽くしている。2年を経て充実期に移行しつつある両コンビに、これから訪れるであろう“暑い夏”を予感させるオープニングになるのではないか。
 アルト独唱はフィンランドのベテランで、マーラーの解釈ではとりわけ国際的に評価の高いリリ・パーシキヴィ。このところ在京オケの定期公演などにも頻繁に招かれており、また大野ともすでにヨーロッパの歌劇場で共演、信頼関係を築いている。合唱には鉄壁のアンサンブルを誇る新国立劇場合唱団、児童合唱には70年近い伝統を持つ東京少年少女合唱隊が参加。万全の布陣だ。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2018年3月号より)

第852回 定期演奏会 Aシリーズ 
2018.4/9(月)19:00 東京文化会館
第853回 定期演奏会 Bシリーズ 
2018.4/10(火)19:00 サントリーホール
問 都響ガイド0570-056-057 
http://www.tmso.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]