トランス=シベリア芸術祭 in Japan 2017


 2014年にはじまったトランス=シベリア芸術祭は、ヴァイオリニスト、ワディム・レーピンが「芸術をもうひとつの“旅”と考え、東西の架け橋としたい」と想いをこめ、“シベリア横断”の名を冠したもの。架け橋の東端となる日本で行われた昨年の公演では、レーピンと、そのパートナーで、バレエ界を代表するダンサー、スヴェトラーナ・ザハーロワの共演が大きな話題を振りまいた。
 本年はさらにパワーアップした形での上演となる。プログラムは『アモーレ』と『パ・ド・ドゥ』の2つ。日本初演となる『アモーレ』は、3人の現代振付家が“愛”をテーマに振り付けた新作を上演。特に注目したいのは、ボリショイ・バレエ出身のユーリー・ポソホフ振付〈フランチェスカ・ダ・リミニ〉。ポソホフは、レールモントフ原作『現代の英雄』をボリショイ・バレエで初演、ロシア物語バレエの新たな可能性を拡げ、次作『ヌレエフ』も上演前から話題を呼んでいる。禁じられた愛に身を投じ、下界に堕とされていく恋人たちの悲劇を、チャイコフスキーの幻想曲とともに描き出す。前回も参加したボリショイ・バレエのミハイル・ロブーヒンに加え、若きプリンシパル、デニス・ロヂキンが出演するのも楽しみだ。
 昨年も上演された『パ・ド・ドゥ』では、白鳥の死にレーピンが奏するヴァイオリンの音がそっと寄り添う〈瀕死の白鳥〉、ザハーロワをめぐる男性ダンサー2人の駆け引きに、舞台上で演奏するレーピンも参戦する〈レ・リュタン〉(振付:ヨハン・コボー)などを上演。目と耳で2人の強いパートナーシップを楽しむこともできる。
 進化を続けるザハーロワの世界に期待したい。
文:守山実花
(ぶらあぼ2017年9月号より)

スヴェトラーナ・ザハーロワ『アモーレ』日本初演 
2017.9/26(火)、9/27(水)各日19:00 Bunkamuraオーチャードホール

『パ・ド・ドゥ for Toes and Fingers』
2017.9/29(金)19:00 Bunkamuraオーチャードホール
10/1(日)18:00 昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館)
問:Bunkamuraチケットセンター03-3477-9999(10/1以外) 
  http://www.bunkamura.co.jp/
  昌賢学園まえばしホール027-221-4321(10/1のみ) 
  http://www.maebashi-cc.or.jp/maebashishibun/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]