銀座ぶらっとコンサート #126 西山まりえの歴女楽 Vol.5 アルバ公爵夫人〜スペイン情熱の恋物語

ゴヤのパトロンだった“美魔女”にフォーカス

西山まりえ

 官能的な肢体と、謎めいた視線。スペイン最大の画家、フランシスコ・デ・ゴヤの作品に登場する黒髪の美女、アルバ公爵夫人カイエターナ。楽壇きっての“歴女”と称される西山まりえが、歴史に名を残すヒーローやヒロインの人物像を、チェンバロやヒストリカル・ハープで綴ってゆくシリーズの第5弾は、この“美魔女”にスポットを当てる。
 ゴヤのパトロンであり、奔放で、時に王妃と女の意地の火花を散らすなど、宮廷にスキャンダルの嵐を起こしたカイエターナ。ゴヤによる肖像画が複数残っているほか、代表作「裸のマハ」「着衣のマハ」のモデルとも。彼女は40歳で突然高熱を発し、この世を去ったが、毒殺されたとの説は今も根強い。
 ステージでは、原田陽と廣海史帆(ヴァイオリン)、朝吹園子(ヴィオラ)、懸田貴嗣(チェロ)という4人の名手が西山のチェンバロと共演。ソレルとボッケリーニによる2つの「ファンダンゴ」や、ブラスコ・デ・ネブラのソナタなど、カイエターナも宮廷で実際に耳にしたかもしれない作品の数々を通して、短くも情熱的な生涯を辿る。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2017年9月号より)

2017.10/4(水)13:30 王子ホール
問:王子ホールチケットセンター03-3567-9990
http://www.ojihall.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 田中彩子(ソプラノ)インタビュー
      on 2019/09/18 at 11:18

      interview & text :室田尚子 ウィーンに居を構え、ヨーロッパを中心に南米など世界中で活躍するコロラトゥーラ・ソプラノの田中彩子。類い稀な高音と比類なきコロラトゥーラのテクニックで、名歌手エッダ・モーザーに「人生の中でそう聴けることのない素晴らしい声」と絶賛された経験を持つ。一度でも彼女の歌声を聴いた人ならば、その日本人離れした、いや、人間離れしたとさえ言えるような「天から響いてくる [&#8230 […]