大島 亮(ヴィオラ)

「作曲家自身が演奏家」をテーマにプログラミング

 たのもしい若手ヴィオリストの活躍が近年目立ってきているが、その代表的奏者のひとりが大島亮である。桐朋学園大学と同大学研究科を修了、第7回東京音楽コンクール第1位といった受賞歴を誇り、常に第一線の場で実績を重ねてきた大島。高い技術はもちろんのこと、真摯で熱い表現意欲のなかにユーモアも忘れない(公演チラシの写真もユニーク)。現在は神奈川フィルの首席ヴィオラ奏者を務め、さらに存在感を増している。
 今回のリサイタルは「作曲家自身が演奏家」をテーマに3つのヴィオラ・ソナタを。前半はヴァイオリニスト2人の作品で、ビーバーの名品「パッサカリア」に続いて、歌と技巧にあふれた華麗なヴュータンのソナタ。後半はイギリス出身の2人、ピアニストのボーエンのソナタ第1番に、ヴィオリストのクラークによるソナタと、渋めの佇まいのなかに各々の特性を味わえる2作。ピアノの草冬香の共演を得て、大島の充実ぶりとヴィオラの魅力を存分に示す舞台となる。
文:林 昌英
(ぶらあぼ 2017年6月号から)

6/12(月)19:00 兵庫/アマックホール
6/20(火)19:00 東京/ムジカーザ
問:テレビマンユニオン03-6418-8617
http://www.tvumd.com/

  • La Valseの最新記事もチェック