ウィーン少年合唱団日本公演 記者会見

 1498年に創立され、500年以上の歴史をもつウィーン少年合唱団が今年も来日。全国各地での29回の公演を前に、都内で4月27日に記者会見が行われた。今年3月に、オーストリア・ユネスコ国内委員会により、同国の無形文化遺産に登録されてからは、今回が初の来日となる。
 会見では、駐日オーストリア大使フーベルト・ハイッスのほか、合唱団の芸術監督を務めるゲラルト・ヴィルト、カペルマイスターのルイス・ディ・ゴドイらが登壇した。
(2017.4/27 都内 Photo:M.Otsuka/Tokyo MDE)

4月27日の会見よりウィーン少年合唱団・モーツァルト組

 ヴィルトは、「日本は私にとってとても懐かしい地なので、再び来ることができて嬉しい。日本とオーストリアの文化を特に芸術面において結びつけ、架け橋となるのが我々の使命であると感じている。今回は、中世の詩に基づいた『カルミナ・アウストリアカ』など初披露するプログラムもあるので楽しみにしてほしい」と語った。
 また、今回来日するモーツァルト組の25人を率いるブラジル出身のカペルマイスター、ルイス・ディ・ゴドイは、日本公演への意気込みを以下のように述べた。
「私自身、初めての来日だが、素晴らしい歓迎を受けこの上ない喜びを感じている。この公演を最後に7名のメンバーが卒業するなど、今回は団員たちにとっても大事なツアー。モーツァルト組は、非常に優秀で集中力のあるグループで、メンバーの個性が音楽にも表れていると思う。今回2つのプログラムを用意しているが、プログラムAは、合唱団の長い歴史をたどるような内容。プログラムBは、いわば音楽による世界旅行。各国の民謡など、演出も含めて楽しんでほしい」

左よりゲラルト・ヴィルト(ウィーン少年合唱団 芸術監督)、ルイス・ディ・ゴドイ(ウィーン少年合唱団 カペルマイスター)

 現在、日本を含め、さまざまな国籍のメンバーが所属している同団だが、寮での共同生活について質問されると、メンバーは「夜もみんなと一緒にいられるし、卓球やサッカーなどスポーツを楽しんだりもできるので楽しい。自分たちの生活スタイルは同年代の子どもたちよりクールだと思う」と語り、日常生活もエンジョイしている様子がうかがえた。
 会見の最後には、今回のツアーでも披露される「美しく青きドナウ」「ビューティフル・ネーム」の2曲が披露された。

*各公演の詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。
ウィーン少年合唱団日本公演
http://www.japanarts.co.jp/wsk2017/index.html

ジャパン・アーツ
http://www.japanarts.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]