【会見レポート】東京バレエ団『ラ・バヤデール』

 東京バレエ団は6月30日から7月2日までナタリア・マカロワ版『ラ・バヤデール』を東京文化会館で上演する。これに先立ち4月21日、斎藤友佳理芸術監督と同公演に出演するダニエル・カマルゴ、上野水香、川島麻実子がリハーサルを公開、今の心境を語った。    
(2017.4/21 東京バレエ団 Photo:J.Otsuka/Tokyo MDE)

左より:川島麻実子、上野水香、ダニエル・カマルゴ、斎藤友佳理芸術監督

 『ラ・バヤデール』は古代インドを舞台に寺院の巫女ニキヤ、恋人の戦士ソロル、王女ガムザッティらによる愛憎劇が繰り広げられる古典の名作。東京バレエ団は、伝説の名プリマ、ナタリア・マカロワによる演出・振付版を2009年の初演以来再演を重ね、4月上旬にはドイツのシュツットガルトで同作を上演し好評を博した。今回の上演では、新世代のスターとして名高いオランダ国立バレエ団プリンシパルのダニエル・カマルゴをゲストダンサーに迎え、カマルゴ(6/30,7/2)と柄本弾(7/1)がソロルを、上野水香(6/30,7/2)と川島麻実子(7/1)がニキヤを踊る。

 斎藤芸術監督は6月の上演にあたり、「マカロワ版は自分の腑に落ちる、すごく利にかなった版で私はとても好き。初演に携わり、今回は指導者にまわることになり、時間の流れとともにすごく不思議なものを感じている。先日のシュツットガルト公演では、歴史あるバレエの街で『ラ・バヤデール』全幕を一度も観たことのない観客に、東京バレエ団が古典作品で受け入れられたことが最高の喜びだった。今回の東京公演は凱旋公演ではないが、ドイツの舞台で踊ってきたダンサーが主演する。この作品は、公演の度に振付指導のオルガ・エヴレイノフさんが一から指導してくださり、彼女の厳しい目があるからこそ良い状態が保たれている」と語った。

ダニエル・カマルゴ

ダニエル・カマルゴ(左)、斎藤友佳理芸術監督(右)

 ソロルを踊るダニエル・カマルゴは2005年よりジョン・クランコ・バレエ学校で学び、その後シュツットガルト・バレエ団に入団。15年のシュツットガルト・バレエ団公演『ロミオとジュリエット』等で日本デビューを飾った。16年秋よりオランダ国立バレエ団に移籍後、シーズンはじめにマカロワ版『ラ・バヤデール』でソロルを踊っている。今回、上野の相手役に選ばれたのは、マカロワとオルガ両名の推薦によるものと言う。

 オランダ国立バレエ団で上演時、マカロワから直接指導を受けたカマルゴは、「マカロワさんとスタジオで過ごした時間は貴重。それぞれの役柄がどういう関係なのかを明確に教えてくださる方。斎藤監督もまたマカロワさんと同様、細やかに作品に必要なことを指導してくださる。『ラ・バヤデール』は登場人物のキャラクターが強く、美しい作品なので、正しい方向で踊れるようにしたいし、そのことをマカロワさんから学ぶことができた」と語るとともに、相手役である上野とのリハーサルについては「細かい動き、役柄の解釈の仕方について細部まで話し合うことから始め、お互いに心地よく踊れるようにやってきた。初めからとても良いプロセスでリハーサルができており、それぞれにオープンに伝え解決してきたので、結果としてお客様によいものをお届けできると思う」と自信をのぞかせる。

上野水香(左)、ダニエル・カマルゴ(右)

 09年の初演時からニキヤを踊る上野水香は、高岸直樹、マシュー・ゴールディング、柄本弾を相手に、その時々の自分が役に反映されてきたと語る。
「『ラ・バヤデール』はパートナーから得るものがとても多い。それぞれのパートナーの良いところを感じながら、また勉強させていただきながら踊ってこられたことを実感する。初演時はマカロワさんご自身から指導してもらい、とても細かく厳しい方だったが、その経験は宝物。いまできることを追求し、新しいパートナーを得て、さらに違ったニキヤ、自分を見せられるのではないかと楽しみ。カマルゴさんは若くてパワフルで、踊りに対してまっすぐな情熱を持っている方。そのまっすぐさを大切に良い舞台にしたい」と意気込みを語った。

上野水香

 斎藤から「この数年で成長が著しい」と称され、シュツットガルト公演でニキヤ役デビューを果たした川島麻実子は、東京公演でニキヤ(7/1)とガムザッティ(7/2)の二役を踊る。
「初演時はコール・ド・バレエとして出演し、影やジャンベのソリスト、ガムザッティ、今回のニキヤを含めたらほぼ全役を踊ったことになる。挑戦するには大役と感じていたニキヤだが、踊ってみてとても素敵な役。初演から様々な役をさせていただいたことは私にとって財産であり、その経験を活かし東京公演ではより深めたニキヤを演じたい。今回初めてゲストの方と踊るが信頼できる方と組めるのは楽しみ」と述べた。

川島麻実子

【リハーサルより】

ダニエル・カマルゴと上野水香 
Photo:Maiko Miyagawa

ダニエル・カマルゴと斎藤友佳理芸術監督
Photo:Maiko Miyagawa

ダニエル・カマルゴと川島麻実子
Photo:Maiko Miyagawa

東京バレエ団『ラ・バヤデール』
6月30日(金)18:30
ニキヤ:上野水香 /ソロル:ダニエル・カマルゴ /ガムザッティ:奈良春夏
7月1日(土)14:00 
ニキヤ:川島麻実子 /ソロル:柄本 弾 /ガムザッティ:伝田陽美
7月2日(日)14:00
ニキヤ:上野水香 /ソロル:ダニエル・カマルゴ /ガムザッティ:川島麻実子
問 NBSチケットセンター03-3791-8888
http://www.nbs.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 11/13 新居由佳梨(ピアノ) 公演にむけたメッセージ
      on 2019/10/18 at 15:40

      ピアニストの新居由佳梨が、11月13日に東京オペラシティ リサイタルホールでソロとデュオ(共演はチェロの西谷牧人)のリサイタルを開催する。フランクとバッハを核とした内容となっており、今回の公演にあたり、メッセージをいただきました。 【動画メッセージ】新居由佳梨 ピアノリサイタル ぶらあぼ本誌11月号&WEBぶらあぼでもインタビュー記事を公開中。 新居由佳梨(ピアノ) profile 新居由 [&#8230 […]