メイプルソープ展がシャネル銀座で開催中

 シャネル銀座ビルディングの4階にあるシャネル・ネクサス・ホールで、3月14日(火)から4月9日(日)まで、1970~80年代を中心にアメリカで活躍した写真家ロバート・メイプルソープの写真展『MEMENTO MORI』が開催されている。

All Mapplethorpe Works c Robert Mapplethorpe Foundation. Used by permission.

 
 シャネル・ネクサス・ホールでは、芸術を愛し、支援したガブリエル・シャネルの精神を受け継ぎ、2004年12月シャネル銀座ビルディングのオープン以来、年間を通して、若手アーティストに発表の機会を提供する音楽プロジェクト「シャネル・ピグマリオン・デイズ」をはじめ、展覧会など、コンサートとエキシビションの2つの柱をベースにプロジェクトを展開する。

 今回は20世紀における重要なアーティストの一人である写真家、ロバート・メイプルソープの作品展を開催。シャネル銀座ビルディングの設計を手がけた建築家ピーター・マリーノのプライベートコレクションから静物や花、ヌード、肖像等を撮影した作品およそ90点が展示される。メイプルソープの作品群が網羅的に日本で一般公開されるのは2002年以来となる。

ピーター・マリーノ
All Mapplethorpe Works c Robert Mapplethorpe Foundation. Used by permission.

 展覧会名の『Memento Mori(メメント モリ)』は、死すべき運命を芸術的あるいは象徴的に思い起こさせようと、しばしば視覚的に表現されるラテン語。本展の企画・構成にあたったピーター・マリーノは、ネクサス・ホールの空間を3つの小展示室に分割し、メイプルソープによる複雑な作品群の二元性を探求する内容となっている。
 白いフロアと白い壁に覆われた最初の2つの展示室には、古典的な彫刻・静物・体の部位のクローズアップ、そして布をまとった人物の写真が、黒い木枠に額装されて展示される。そして、黒一色の空間である第3の展示室には、より挑発的な作品が、メイプルソープならではの花の写真とともに、黒革のような壁に並列して展示される。
 同展は4月15日から5月14日までの期間、「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」の一環として京都を巡回予定。

All Mapplethorpe Works c Robert Mapplethorpe Foundation. Used by permission.

All Mapplethorpe Works c Robert Mapplethorpe Foundation. Used by permission.

【開催情報】
MEMENTO MORI
ロバート メイプルソープ写真展 ピーター マリーノ コレクション
 開催期間:2017年3月14日(火)〜4月9日(日)12:00〜20:00 (入場無料・無休)
 会場:シャネル・ネクサス・ホール (中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F)
 http://chanelnexushall.jp/program/2017/rm_peter_marino/

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭
ロバート メイプルソープ 写真展 ピーター マリーノコレクション presented by CHANEL NEXUS HALL
 日程:2017年4月15日(土)〜5月14日(日)
 時間:10:00〜18:00
 会場:誉田屋源兵衛 竹院の間(京都府京都市中京区室町通三条下ル西側)
 入場無料・水曜休館(5月3日のみ開館)
 http://www.kyotographie.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]