アルカスSASEBO 「Mプロジェクト」

 アルカスSASEBOの『Mプロジェクト』は、年間を通じて1人の作曲家に着目し、異なるステージで同じ作曲家の作品を取り上げる中から、その音楽のみならず、人間像まで掘り下げてゆくオリジナル企画。2年目となる平成29年度は、生誕220年を迎えたシューベルトをテーマに据える。たくさんある魅力的な公演からいくつかご紹介しよう。
 まずは、フランスの世界的コントラルト、ナタリー・シュトゥッツマンが、歌曲集「美しき水車小屋の娘」へ対峙。共演するピアノのインゲル・ゼーデルグレンとは、当曲を含む三大歌曲集の録音を発表し、「傑作に新たな側面と、内面的な深みをもたらした」と話題に。名演が期待できよう(5/4)。
 そして、カナダ・オタワ国立芸術センター管弦楽団のコンサートマスター、川崎洋介(第1ヴァイオリン)をはじめ、西野ゆか(第2ヴァイオリン)、柳瀬省太(ヴィオラ)、辻本玲(チェロ)と一線楽団の首席級で組織された、座付きの弦楽四重奏団「アルカス・クァルテット」の第7回定期では、ゲストとしてチェロの山崎伸子が加わり、弦楽五重奏曲を取り上げる(7/22)。
 また、俊英・山田和樹指揮の横浜シンフォニエッタは、交響曲第7番「未完成」を。ソリスト(曲目未定)には、一昨年の浜松国際ピアノコンクール優勝のアレクサンデル・ガジェヴも登場する(9/17)。
 さらに、フルートの貴公子エマニュエル・パユは、ピアノの盟友エリック・ル・サージュを伴い、「“しぼめる花”の主題による序奏と変奏曲」を披露(12/3)。新年には、ウィーン・フィルのコンマス、フォルクハルト・シュトイデも出演、シューベルトの調べを聴かせる(1/17)。
文:笹田和人
(ぶらあぼ 2017年4月号から)

5/4(木・祝) ナタリー・シュトゥッツマン シューベルトを歌う
7/22(土) アルカス・クァルテット 第7回定期演奏会
9/17(日) 山田和樹(指揮) 横浜シンフォニエッタ
12/3(日) エマニュエル・パユ&エリック・ル・サージュ デュオリサイタル
2018.1/17(水) フォルクハルト・シュトイデ ニューイヤーコンサート
アルカスSASEBO
問:アルカスSASEBO 0956-42-1111
※Mプロジェクトの詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。
http://www.arkas.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]