第122回 スーパー・リクライニング・コンサート まつきとわたるとはなこのトリオ

室内楽の楽しさを存分に感じてほしい

左より:上里はな子、松本和将、向井 航

左より:上里はな子、松本和将、向井 航

 リクライニング席で、心身ともにゆったり音楽を愉しめるHakuju Hallの人気シリーズ「スーパー・リクライニング・コンサート」。今回は、実力派が集結したピアノ・トリオ「まつきとわたるとはなこのトリオ」が登場し、クラシックからタンゴまで、魅力的な旋律で聴き手を癒す。
 エリーザベト王妃国際コンクール入賞後、ソリストとして大活躍するピアノの松本和将(まつき)。葉加瀬太郎ら多くのアーティストの録音に参加したチェロの向井航(わたる)。そして、ウィーンに学び、ポップスでも活躍する上里はな子(はなこ)。2010年、国内では珍しい常設のピアノ三重奏団として3人で活動を開始、高い評価を得ている。
 今回は、ブラームス「ピアノ三重奏曲第1番」をメインに、ピアソラ「リベルタンゴ」など小品を散りばめて。「格好いい」と巷で評判を呼ぶ無伴奏チェロのためのサマー「ジュリー・オー」をはじめ、ピアノ曲からショパン「ワルツ第1番」、ヴァイオリン曲からはクライスラー「愛の喜び」など、それぞれのソロもたっぷりと聴かせる。
文:笹田和人
(ぶらあぼ 2017年1月号から)

2017.2/3(金)15:00 19:30 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700
http://www.hakujuhall.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]