Danza2016年7月号

【今月の表紙】
牧阿佐美バレヱ団『飛鳥』(新制作・世界初演)

8/27(土)18:00、8/28(日)14:00
新国立劇場 オペラパレス

今年創立60周年をむかえた牧阿佐美バレヱ団。日本バレエ界を牽引する牧阿佐美が「バレエ人生の集大成」として、母であり、バレエ界の草分けの一人、橘秋子の代表作『飛鳥物語』(1957年初演)を改訂し、新制作『飛鳥』として上演する。いにしえの都、大陸との交流が盛んな国際都市・飛鳥を舞台に、その地に祀られる龍神と龍神に愛された乙女との恋物語。世界的バレリーナのスヴェトラーナ・ルンキナ、ボリショイバレエ団のプリンシパル、ルスラン・スクヴォルツォフが出演。美術は日本洋画家の第一人者・絹谷幸二が、音楽は62年の上演時に作曲をてがけた片岡良和が今回も担当する。世界初演。

Danza Pre-Stage=Prestige interview
242 束芋(現代美術家) × 森下真樹(振付家/ダンサー)

244 Catch Up
248 エッセイ 乗越たかお『誰も踊ってはならぬ』
250 7月の前売チケット 6月下旬~7月末の発売情報
251 7月の公演情報

●いますぐ読む→

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]