英国ロイヤル・バレエ団『ロミオとジュリエット』『ジゼル』

旬のプリンシパルたちで魅せる物語バレエの真髄


 2016年上半期バレエ・シーンのハイライトとなるであろう英国ロイヤル・バレエ団の来日公演が、目前に迫ってきた。
 英国ロイヤルは、慎み深く、気品ある“ロイヤル・スタイル”と演劇的な物語バレエの伝統を大切に保持してきたカンパニーとして知られるが、近年は気鋭の振付家たちに作品を委嘱、果敢にレパートリーを拡充している。
 3年ぶりとなる今回の来日では、お家芸であるケネス・マクミラン版『ロミオとジュリエット』と、細やかな演出で劇的効果を高めたピーター・ライト演出『ジゼル』を上演。世界から集まった旬のプリンシパルたちが連日出演し、それぞれのドラマを織り上げていく。どちらの演目も、ダンサーの組み合わせによって様々な解釈の可能性が広がるので、どのダンサーで観るべきか、悩ましいところだ。
 2作品ともに共演するのは2ペア。ローレン・カスバートソンとフェデリコ・ボネッリは、ロイヤル・スタイルを体現するカップルで、じわじわと想いが溢れ、私たちの心に迫ってくることだろう。一方ナターリヤ・オシポワとマシュー・ゴールディングならば、ダイナミックかつドラマティックに見せてくれるはず。
 英国ロイヤル移籍後、あっという間に世界的なダンスール・ノーブルに駆け上がったワディム・ムンタギロフが今回組むのは、サラ・ラム(『ロミオとジュリエット』)とマリアネラ・ヌニェス(『ジゼル』)。パートナーにより、どんな化学反応が見られるのかも楽しみだ。
 同じダンサーで2作品を観たり、異なるペアで同じ作品を観たり、自分なりのテーマを決めるのもよいだろう。
文:守山実花
(ぶらあぼ + Danza inside 2016年6月号から) 

『ロミオとジュリエット』 6/16(木)〜6/19(日)
『ジゼル』 6/22(水)〜6/26(日) 
東京文化会館
問:NBSチケットセンター03-3791-8888 
http://www.nbs.or.jp

他公演
『ジゼル』
6/29(水) 福岡サンパレス 問:KBCチケットセンター092-720-8717
7/1(金) 兵庫県立芸術文化センター 問:0798-68-0255
7/6(水) ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ 問:084-928-1810
『ロミオとジュリエット』
7/3(日) 愛知県芸術劇場 問:CBCテレビ事業部052-241-8118

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]