Danza2016年3月号

【Danza今月の表紙】
牧阿佐美バレヱ団『ノートルダム・ド・パリ』

6/11(土)17:00、6/12(日)14:00
文京シビックホール

今年創立60周年をむかえた牧阿佐美バレヱ団。20世紀を代表する振付家ローラン・プティの傑作『ノートルダム・ド・パリ』を4年ぶりに再演する。国内では同団だけが上演を許されている本作は、文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説を基に、人間の愛と死を描き出す。イヴ・サン=ローランのデザインによる色鮮やかな衣裳とモーリス・ジャールの音楽も注目だ。今回はミラノ・スカラ座バレエ団よりニコレッタ・マンニとマルコ・アゴスティーノが出演する。

Danza Pre-Stage=Prestige interview
258 平山素子(振付家・ダンサー)

260 Catch Up
264 Danza News
266 エッセイ 乗越たかお『誰も踊ってはならぬ』
267 3月の前売チケット 2月下旬~3月末の発売情報
268 3月の公演情報

●いますぐ読む→

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]