水谷川優子(チェロ)

千変万化する弦のお祭り

 ©青柳 聡

©青柳 聡

 チェロの水谷川優子による『弦楽万華鏡』は、独奏(バッハ/無伴奏チェロ組曲第1番)から、ヴァイオリンとの二重奏(マルティヌー)、弦楽三重奏(ドホナーニ)、弦楽六重奏(チャイコフスキー/フィレンツェの思い出に)、つまり“1→2→3→6”と千変万化する弦楽がきらめく午後。
「豪華なメンバーがいろんな編成で登場するヨーロッパの音楽祭の雰囲気を、1回限りの公演で再現しようと考えました。贅を尽くした弦のお祭りだから、最後は弦楽六重奏曲の中でも最も華やかなチャイコフスキーです。ただし、あの『やっちゃえ!』みたいな華やかな最終楽章は、いろんなことを経験してきた晩年のチャイコフスキーだからこそたどり着いた世界だと思うのです。今回は大人のメンバーなので、それも一緒に噛みしめられそうです」
 編成が変わればチェロの役割も変わる。それもまた「万華鏡」。
「私自身もチェロという楽器の多面性をすごく楽しんでいます。孤独だけれど自由で、いろんな役割を一人で担う完結したソロの世界。自分より高い声を持つ相手をサポートしながら1対1で対話するデュオ。そして三重奏の、どこに転ぶかわからない、「3」という数の不安定さ。四重奏の安定感とはまったく違う、三つ巴の危うさが面白さでもあります。六重奏は、というよりチャイコフスキーは、なにしろ“歌わせる作曲家”なので、チェロも上手に歌わせてくれます。イタリア・オペラのようなカンタービレがあったり。一方でチェロの醍醐味という意味では、一番下の第2チェロが、みんなを乗せて走ってるみたいでわくわくするんですけど、今回は大尊敬する渡邉辰紀さんにお願いして、彼の胸の中で踊らせていただこうと思います」
 私生活でのパートナーでもあるマーク・ゴトーニ(ヴァイオリン)を始め、双紙正哉(ヴァイオリン)、柳瀬省太、安藤裕子(ヴィオラ)、渡邉辰紀(チェロ)。共演者への信頼は厚い。
「マークは私の人生の中で一番長く一緒に演奏している、最も信頼するヴァイオリニスト。彼も日本のメンバーと弾く機会は少ないので楽しみにしています。こんな素晴らしいメンバーで、ホールの響きに身を委ねてふくよかに歌い合うのはもちろん、どれだけ美しい弱音が出せるか、どこまでささやき合えるか、楽しみです」
 双紙、安藤、渡邉は最後の六重奏だけの出演だから贅沢な起用だ。しかしさらに、「アンコールではもっと仕掛けがある、かも(笑)」というから楽しみはいや増す。
取材・文:宮本 明
(ぶらあぼ + Danza inside 2016年3月号から)

ストリングス・カレイドスコープ 弦楽万華鏡
produced by 水谷川優子 〜ソロから6重奏まで〜
4/9(土)14:00 ヤマハホール
問:ヤマハ銀座ビルインフォメーション03-3572-3171
http://www.yamaha.co.jp/yamahaginza/hall

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]