第15回 Hakuju Hall ワンダフル one アワー N響精鋭メンバーによる管楽アンサンブル

ふくよかで鮮やかなモーツァルトの調べ

 昨年聴いたベートーヴェンの交響曲第7番は、今も耳に残るほど新鮮だった。それはHakuju HallでのN響メンバーによる管楽アンサンブルの公演。再登場の今年はモーツァルトが演奏される。こうした「ハルモニームジーク」は、市民が身近に楽しめることで、18世紀後半に大人気を博し、今回と同じ9名の編成は、豊かな表現力と柔軟性から特に好まれた。本公演では、その響きをN響精鋭の豪華な布陣で体感できる。メンバーは、オーボエの青山聖樹&和久井仁、クラリネットの伊藤圭&加藤明久、ホルンの福川伸陽&勝俣泰、ファゴットの水谷上総&森田格という、首席(または首席代行)&パートナーのコンビにコントラバス首席の吉田秀が加わる。音色や奏法が揃い、音作りも互いに熟知した名手たちが、精緻なアンサンブルを聴かせる。曲は、管楽合奏の定番たるセレナード第11&12番(短調の12番は特に注目!)に《フィガロの結婚》(抜粋)を加えた、楽しく深く柔らかく歯切れ良い名作集。この顔ぶれでこの曲なら、愉悦のひとときを過ごせること間違いなし!
文:柴田克彦
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年5月号から)

6/19(金)15:00 19:30 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700 
http://www.hakujuhall.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 田中彩子(ソプラノ)インタビュー
      on 2019/09/18 at 11:18

      interview & text :室田尚子 ウィーンに居を構え、ヨーロッパを中心に南米など世界中で活躍するコロラトゥーラ・ソプラノの田中彩子。類い稀な高音と比類なきコロラトゥーラのテクニックで、名歌手エッダ・モーザーに「人生の中でそう聴けることのない素晴らしい声」と絶賛された経験を持つ。一度でも彼女の歌声を聴いた人ならば、その日本人離れした、いや、人間離れしたとさえ言えるような「天から響いてくる [&#8230 […]